My favorate story of 鄭明析牧師~摂理のクリスマスナイト☆

摂理では、クリスマスには「クリスマス礼拝」を捧げます。

礼拝には御言葉がつきもの、

イエス様の生い立ちについて、この時代について、今年も鄭明析牧師は御言葉と映像で詳しく教えてくださいました。

 

キリスト教の背景に乏しい日本、私も「クリスマス」=「ケーキとチキンを食べるお祭り」のような感覚でいましたが(笑)、摂理に来てクリスマスの価値を分かって過ごせるようになりました。

約2000年前、神様が地上にメシヤが生まれるようになさったことを記念する、神様を信じる人だけでなく全人類にとって喜ばしい日。天の心情が分かるようにしてくださったことが本当に感謝なことです。

 

霊の糧である御言葉の後には、お楽しみのクリスマスケーキのカット♪

大きなケーキを教会のみんなで分け合って食べる、とても楽しいひと時でした(^^)

 

鄭明析牧師自らケーキカットを導くところを、映像でですが見せてもらったことがあります。

たくさんのクリスマスの飾りを用意されて、地上にいらっしゃった御子を心からお祝いする姿でした(*^^*)

いつもは御言葉を伝える檀上が、電飾でライトアップされ、イエス様の写真と共にツリーが飾られていて、そのように自ら準備されていたのでした。

後ろの壁にはどこかで購入されたのか、ハシゴを上り下りするサンタさんの人形が(笑)

そんなところにサンタ帽子をかぶった鄭明析牧師が登場したから、どっと和やかな雰囲気になりました(笑)(笑)

いつも私たちをも楽しませて下さる先生です(^^)

みなさんと一緒にお祝いしたくて、と笑顔でおっしゃりながら、映像越しに握手をしてくださいました☆

 

いつも新しい姿で聖三位を楽しませて差し上げる真心。

個人的にですが、私はこのような鄭明析牧師の精神にとても魅力を感じます。

聖三位を退屈させまいといつも考え努力される姿は、まさに新郎の前の新婦、天の新婦のお手本となられる方です。

私も先生の精神を持って、いつも聖三位の前に新しく変化した姿で進み出られるように努力しようと改めて決心しました。

 

天に栄光、地に平和。摂理のクリスマスは、聖書の語る言葉が成就する、喜びで満ち溢れる日です╰(*´︶`*)╯

 

―「いと高きところでは、)栄光(があるように、地の上では、御心にかなう人々に平和があるように」

ルカによる福音書2:14

 

伝染病やテロなど今年も様々なことがあったけれど、このように平和にクリスマスを迎えるようにしてくださったことが本当に感謝だなあと、改めて噛みしめた一日でした(;ω;)

天に感謝と栄光のメリークリスマス☆三

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログのひっこしも、1つ1つ

摂理女子の忘年会♪♪

関連記事

  1. 天空のカフェと摂理芸術のはじまり*

    スマホの写真を整理していたとき。去年家族で訪れた妙高高原の写真が出てきま…

  2. 手話で、お手紙を伝えました。

    シロは 結婚してから御言葉に出会った摂理の壮年部です。&nb…

  3. 中学時代‐学校で教わるキリスト教にがっかりしたこ…

    私の母校はミッション系中高一貫校で、どの学年も、週に一度「キリスト教」と…

  4. 愛を教えてくれた人

    「愛」って言葉は知ってるけれど「愛」ってなんだろうって思っていました。うそく…

  5. My favorate story of 鄭明析…

    私は摂理に来る前に2回、「自分がいなくなる祈り」をしたことが…

  6. 摂理の子供と鄭明析牧師

    私は実を言うと、元々は子供好きなタイプではありませんでした。むしろ、…

  7. ずっと探していた言葉☆天使のはしご展

    本屋さんや図書館に行くと、人生の生き方についてアドバイスをする本がたくさん…

  8. 摂理に来て失ったようで、返ってきたもの

    摂理に来て最初は泣く泣く捨てたものが結局もっと良くなって返ってきた、という摂…

PAGE TOP