理系の人たちが聖書に抱くイメージ②

職場でのランチ中に、いろいろあって聖書の話題になり

彼らの話はまだまだつづく。

 

ケース②

ぶっとんでるなって思う。ありえない(ことが書かれている)。

十戒

聖書の話はいくつか知っているけど、これまた「ぶっとんでる本」扱い。

ちなみに「ぶっとんでる」とは、「科学・人間の理解領域とかけ離れている」ということだ。

 

確かに、聖書を文字通りに読むと、摩訶不思議な奇跡が書かれた本のように映るだろう。

私も学ぶ前は非現実的・空想的な本として認識していたし、

ただ無条件聖書の言葉を信じなさい、そうすれば救われる的な一部のキリスト教徒の主張は

議論と考察を放棄しているようで何だか都合がよすぎるし、ちょっとないわー(-.-)と思っていた。

 

しかし実際は、聖書は比喩で書かれていて神様の歴史上の事実が書かれていることを鄭明析牧師は説いてくださり、

私の聖書に対する様々な疑問が解けたのだった。

 

誰よりも鄭明析牧師ご自身が、神様イエス様がおっしゃるその通りに生きようとする真実な心で

聖書を通して神様が本当におっしゃりたいことは何なのか疑問を持ち、

深く考え祈り、極限に研究され、また実践しながら御言葉を受けられたのである。

 

いくら神様の御心がしるされている聖書も、記録したのは当時の人間であるから、

当時の人間の水準の範囲内で書かれるしかない。

神様が教えてくれなければ、聖書を正確に解くことはできない。

 

また、この世のすべての現象は科学をもって証明できる、という認識も

実は非現実的な認識だ。

科学では手の届かない分野は山のようにある。

人間は、人間のパーツ1つとして作れないし、細胞1つの営みさえ完璧に説明することができない。

宇宙に行くことはあっても、地球をもう一つ作ることのできる人間は一人もいない。

だから、神様が創造された万物に囲まれている私たちはある意味

「ぶっとんでるもの」に囲まれているのだけど(笑)

それがあまりにも大きすぎるから信じられないだけだ。

 

比喩を解いて読むべきところと、神様の全知全能さを認めて読むべきところ。

鄭明析牧師の言うように、聖書は「人性」と「神性」の両側から読むべき書物なのだ。

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がおしえられる たった1つのこと

リケジョのキャリア設計と聖霊様の風~農工大のサイエンスカフェ

関連記事

  1. おかあさんは とっても美しい

    おかあさんは、朝からいろんな働きをします。玄関まで行って新聞を取りに行き朝ごはんとお昼のお弁当づくり…

  2. お月さまを見て 神様を感じて

    すてきな詩を書かれる、鄭明析(チョン・ミョンソク)先生。先生が書かれた「お月さま」という詩が、とて…

  3. いつも持ち歩いている御言葉

    お財布の中に、こっそり入れているものがあります。この町に引っ越してくる前まだ…

  4. 人生の道を委ねて

    人生の道。摂理の御言葉に出会う前は、怖い怖い道でした。暗くて行先も分から…

  5. 子育ても神様のように☆

    小学生の娘の母である シロ。子育てで悩むことが毎日 いろいろとあります。…

  6. 「やくわり」のちから

    子供たちにダンスを教える中でひとつ、気付いたことがありました。子供たちの…

  7. イラストクイズ!フリー素材が語る「宗教のイメージ」

    誰でもフリーで使える“ロイヤリティフリー”素材。最近は豊富な種類の画像がネット上で提供されています…

  8. 理系の人たちが聖書に抱くイメージ①

    職場でのランチ中に、いろいろあって聖書の話題になったときのお話。うちの職…

PAGE TOP