menu

腹痛には 「あったかさ」が効く

ひさしぶりに 腹痛がやってきた。

 

午前はチクチクだったが

お昼ごはんを食べてから

痛みに拍車がかかっていった。

 

前のめりに歩きながら

なんとか家に到着した。

「うう 晩ごはんの支度を・・」と

うなりながら お米を研いだ。

 

そんな母シロのおなかを

よつばが心配そうに さすってくれた。

よく日焼けした あったかい やさしい手。

 

「おかあさん 横になってて」

よつばのことばにあまえて

布団に横にならせてもらった。

 

ブランケットをかけてくれて

となりには うさぎのぬいぐるみ。

 

よつばが台所に立って

なにやら用意してくれている。

 

「おかあさん これどうぞ^^」

出してくれたのは 白湯だった。

「今日はこぶ茶がなくて お湯でごめんね。

あったかいの飲んだら

きっと おなかも落ち着くよ。」

 

冬 シロが元気ない時

よくこぶ茶を作ってくれたよつば。

 

今はこぶ茶を切らしていて

白湯を作ってくれたんだね。

 

ひとくち コクリ。

おなかに あったかさが広がって

ウソみたいに痛みが消えた。

 

「すごい 白湯で痛いの治ったよ!」

母シロのうれしそうな声に

よつばの顔がほころびました。

 

あったかい手と あったかい白湯で

朝から苦しんでいた腹痛から

無事 救出されました^^

 

やさしい人のこころに

神様がやってきて

その やさしい手を使って

その やさしい口を使って

だれかの苦しみを なくしてくれる。

 

よつばに 神様がきてくれました。

 

腹痛の1日が しあわせな1日になりました。

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。14歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

腹持ちのよい 小学生の朝ごはん☆

東北のいなか暮らし ラベンダーとアスパラ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP