これまでを忘れず 疎かにしないこと

毎日過ごす生活、1日として同じ日はなくて、
毎日何か「新しいもの」に出会います。

新しい情報、新しい人、新しい場所、新しいすべき仕事・・・

毎週受ける「新しい御言葉」、毎日御言葉を通して気付く「新しい悟り」。

自分の中に「新しいもの」が入ってくると、「新しいもの」に
どうしても神経がいってしまって、これまで大事にしていたことが
後回しになってしまったり、忘れてしまったりすることがあります。

神様が「新しいもの」を与えてくださるのは、私達がもっと分かるように、
もっと成長できるように、もっと神様と近くなれるようにするため。

これまで大事にしてきたものの、土台の上に。

そして、「これまでのもの」をより深く分かって、一層心を込めて、
行なっていけるように、「新しいもの」が与えられるのだと思います。

ある方が、話をしてくださいました。
「あなたに、ずっとお世話になった恩師の方がいるとします。
その人に、これまでずっと感謝してきました。
ある日、あなたの知っている人が、実はあなたの知らないところで、
あなたのことをとても助けてくれていたことが分かりました。
あなたは驚いて、その<新しい恩師>のことで心がいっぱいになります。

 でも、忘れてはいけません。
 あなたの<これまでの恩師>も、変わらず、あなたの<恩師>です。
 新しく知った方も、これまで分かった方も、変わらず、あなたの
 かけがえのない<恩師>なのです。

<新しい恩師>に感謝する時、<これまでの恩師>のことも決して忘れず、
<新しくしてもらったこと>に感謝する時、<これまでしてもらったこと>も
決して忘れず、むしろもっと感謝できるような人に、なりたいです。

いつも忘れず、いつも感謝される方が、鄭明析先生です。
先生は、神様にしてもらったことを、何年もの間、毎日、毎日、感謝を捧げます。
「新しい感謝」がいくら増えても、「これまでの感謝」を決して疎かにしません。

また先生は、どれだけ「新しい人」が摂理に来ても、
「これまでの人」を決して疎かにせず、変わらず思い続け、一層愛してくださいます。

「疎かにしないこと」を、先生の姿から学びます。

毎日新しく御言葉を聞きながら、新しく生活しながら、私に与えられた
1つ1つのこと、より一層、心を込めて、笑顔で、行なっていきたいですニコ

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。12歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活の中で 愛をみつけよう☆

はじめての料理教室☆フライパンでパン作り

関連記事

  1. 我慢しなくてもいいんだよ

    最近あたたかい日が続いて、雪もすっかり溶けて自転車通勤を再開しています☆毎日…

  2. あの列車に乗っていこう

    列車の窓から きれいな朝日が見えました。ふと あるメロデ…

  3. 欲張らずに「ちょうどいいところ」がイイ

    つい、欲張ってしまう時があります。食後の甘いおやつを欲張ってしまって、…

  4. 1日を楽しく過ごすには!?

    1日のはじまりに必ず思うことがあります。「1日を楽しく過ごしたい!」娘…

  5. プレゼントは もらった後がだいじです。

    もらうとうれしい プレゼント。私が ずっと待ち焦がれてい…

  6. 心が折れた時には、「ギュッ」の力

    私の摂理のママ友達ぺこちゃんから、メールがありました。摂理でずっと一緒にが…

  7. 必要性が分かれば 自分からできる☆

    「人は言われても、<必要性>を分かって悟ってこそ 行なうようになる」そう…

  8. 人のものを うらやましく思う時

    だれかがとなりで 宝くじを当てたりだれかがとなりで すごいと称賛を浴びた…

PAGE TOP