木の枝のような人生から…

道端に落ちている木の枝を見ながら、

摂理に出会う前の私の人生はこのようだったな、と思うことがある。

 

ただ虚しく、自分の人生に希望が持てずに生きてきた私を、

神様の愛のふところに導いてくれたのが、摂理の御言葉だった。

 

木の枝のように不格好な取るに足らない私の人生に手をかけて

御言葉ののみを当てて削って彫刻してくださり、

尊く用いられるようにしてくださった聖三位に

その御言葉をつぶさに教えてくださった鄭明析牧師に

心から感謝を捧げます。

 

この感謝を一生の間忘れず、苦労しても聖三位の願う形に開発し作り、

天の前で輝く人生に作っていきたいという告白が湧いた、寒い冬の帰り道だった。

 

もし人生に対して虚しい思いを抱く人がいるのなら、

摂理の御言葉に出会ってほしいと切実に願う。

神様が直接手をかけてくださるその瞬間は、人生を左右する出会いになるはずだから。

20160105_摂理の御言葉

<人>も開発してどう作るかによって人生が左右され、

その分、輝くようになる。

―鄭明析牧師の明け方の御言葉より

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりのテーマパーク

母の手作り☆窓ふきたわし

関連記事

  1. 叶うはずのない夢が、摂理で叶った

    これから「夢」の話をしよう。ということで摂理で信仰生活を始めてから今まで…

  2. だれかによくしてもらったことは

    「だれかによくしてもらったことも実際は 神様がしてくれたことが多い。」…

  3. 年の始めの母の預言

    sakuはどちらかというと世話好きな性格ですが、sakuの母も非常に世話…

  4. 「もうすこし」を積んで「いつもできる」人になる

    こんな自分でいたい こんな自分を直したい。そう願うけど …

  5. 摂理に来て変わったこと―“笑顔”ができるようにな…

    最近の自分が写ってる写真を見て。「あ、笑ってる」ということにふと驚き…

  6. 摂理は「進路の自由を制限するところ」なのか①

    摂理に来ると、数多くの「してはいけない」と「しなさい」に直面する。私が一…

  7. 「やくわり」のちから

    子供たちにダンスを教える中でひとつ、気付いたことがありま…

  8. まちがえても、正しい道に戻るために

    今日自転車に乗っていて、いつもと違う道にふと行きたくなりました。そこに…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

4人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP