涙が出そうになる時

今でも 時々

涙が出そうになる時があります。

 

主人は おもしろくて

しっかりしていて

仕事もすごくがんばって

 

時々 イライラしたり

時々 カッとなります。

 

家族と 主人の同僚の人たちと

バーベキューをしていた時。

 

私が テーブルの上を片づけていたら

「まだ使うのに 勝手に片づけるな」と

主人に おこられました。

 

その声に その表情に

同僚の人も 一瞬 止まって

私も 心が ビクッとして

 

これまでも こういうことは

何度もあったけど

 

今もまだ 平気じゃなくて

 

これまでの 心のいたみが

底から あふれそうで

 

ふたをしめることに 精一杯で

普通でいることに 精一杯でした。

 

 

でも ふたのすきまから

かなしみが こぼれてきて

 

「トイレに行く」と言って

その場を すこし離れました。

 

 

広い芝生の上には

にぎやかな 笑い声。

 

丘の上には しずかな展望台。

 

展望台から 見下ろせば

なにか見えるかも と思って

長い階段を上がりました。

 

一歩ずつ 上がるたび

「これまであったこと」を

思い出しました。

 

そして 今もまだ

涙が出そうになる私は

あの頃の 弱いままの自分のようで

あの頃と 変わっていないようで

 

うつむく私の心に 声が届きました。

 

「あなたの一歩は

どれも 無駄じゃないよ。」

 

「ここまで がんばってきたように

これからも いっしょにいこう。」

 

だれもいない階段で

涙が こぼれました。

 

 

神様が 教えてくれました。

「患難の時 困難と苦痛に見舞われる時

『それまでやっておいたこと』を見なさい。」

(摂理の御言葉より)

 

「それまであったこと」を見ると

その時のいたみが 押し寄せて

また かなしくなっちゃうけど

 

「それまでやっておいたこと」を見ると

その時も 神様が

そばにいて はげましてくれて

前に進むことができたことを

思い出すことができる。

 

あの時みたいに

ちゃんと そばにいるよ。

ちゃんと 打ち勝てるよ。

 

そう 言ってくれているようで

少しずつ 元気が出ました。

 

 

「トイレ 長かったね」と

心配そうに よつばが言いました。

 

「心配かけてごめんね」と

わらって 答えました。

 

 

私は 今もまだ

ぜんぜん 変わっていません。

 

ひとりだと すぐ

涙が出そうになる。

 

 

でも それでいいんですね。

 

ひとりだと できないよ。

いっしょだから できるんだよ。

 

そのたび そのたび

そのことが ハッキリ分かるから。

 

そして だいじなこと

教えてもらえるから。

 

おそれなくていい。

自分を責めなくていい。

 

自分の問題も 主人の問題も

神様の心で 分かってあげて

変わらず 主人のそばにいることが

私が できることなんだ。

 

 

涙のあとは 涙のまえより

心が 強くなっている。

 

いっしょになったら 強くなれる。

 

涙も そう悪くない^^

 

 

がんばっても なかなか慣れない

自分の問題が あるけど

 

くりかえし 時間をかけて

これからも がんばります☆

 

「心の悩み」シリーズはコチラ

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

みぃカメx9i 楽譜

米ぬかおやつのレシピ☆米粉と米ぬかのショートブレッド

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP