menu

三日月のよるに

9月に入って、日のみじかさを感じます。

晩ごはんを食べる頃には、外はもう真っ暗。

 

主人とむすめと、3人で晩ごはん。

2人はテレビを見ながら、ごはんをパクパク。

 

何気ない時間。 何気ない日常。

でも、何か忘れていそうな気がして

窓の外に目をやりました。

 

目の前に、きれいな三日月がいました。

三日月を見て、神様を感じました。

 

「いつも、あなたを見ているよ。」

三日月の姿で、神様が教えてくれました。

 

だいすきな三日月。

母におんぶされていた時も

母の背中から、三日月を見てたっけ。

 

神様のことを知らなくても

三日月に見とれていました。

 

あれから何年もたって

やっと神様に気付きました。

 

ひとりひとりにぴったりなもので

あらわれてくれる、神様。

 

神様の感じ方も、神様と出会う時も、

自分だけのものがある。

 

神様を感じるものは、そばにある。

あなたのそばで、いつもあなたを見ています。

 

神様を感じることを、神様がそばにいることを

いつも忘れませんように。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

手作りおやつレシピ☆スイートパンプキン

神様を感じるもの

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP