「のらねこ」のおはなし

小学生の娘、教科書の音読が毎日の宿題です。


「今日は新しいおはなしだよ~」


そう言って娘が読んでくれたのは

「のらねこ」というおはなしでした。


1匹ののらねこが、1人の男の子と出会いました。

男の子は、のらねこをかわいがってあげたくて

のらねこに近寄ります。


でも、「かわいがってもらう」ってどんなことか

のらねこは知らなかったのです。


かわいがってもらったことが、なかったのです。


男の子は、指を1本、差し出しました。

のらねこも、指を1本、差し出しました。

指と指が、ツンと触れ合いました。
0706


そのシーンに、心がくすぐったくなりました。

神様と出会った頃を思い出しました。


「愛される」ってどんなことか知らなかった私に

神様は一歩ずつ、近づいてくれました。

びっくりしないように、ゆっくりと。


しゃがみこむ時は、いっしょにしゃがんでくれました。

元気が出たら、手を握って、一歩ずつ導いてくれました。


「愛される」ってどんなことか、やっと分かりました。

分かって、ほんとうによかったです。


今度は、神様のように「愛する」人になりたいな。

「愛される」よろこび、家族に、大切な人に伝えたいな。

最近出会ったおいしいもの☆

おじいちゃんのたんじょうび☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP