menu

互いにほほえみ合って

年末のある日、新聞の中で1つの詩に出会いました。

「美しい国」
長い長い凍えでした
私をすなおにするために あなたのやさしいほほえみが要り
あなたのためには私のが

互いの笑みが互いの心を解きほぐす

よい想いで空を満たしましょう
心のうちにきらめく星空をもちましょう



その日は、韓国と日本のリーダーが
慰安婦の問題で歩み寄り、握手した日でした。

過去の罪を謝って、その思いを受け入れて、
お互いほほえみ合って、握手できました。

その日は、もう1つうれしいことがありました。

長い間口をきかなかった親戚のおじちゃんふたりが
打ち解けあって、一緒にお餅つきをしてくれました。

お互いニコニコ笑って、お餅の出来をお互い喜んで
「ありがとう」と、ほほえみ合って言いました。

大きな場所、小さな場所で、
互いの心を解きほぐすほほえみがありました。

2016年、まだわだかまりの残っている場所に
やさしいほほえみが生まれますように。

この空が、平和で愛に満ちあふれた想いで
いっぱいになりますように。

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

人間の価値は、人間であることだ

誰にでも持って生まれた「宝」がある!

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP