我慢しなくてもいいんだよ

最近あたたかい日が続いて、雪もすっかり溶けて
自転車通勤を再開しています☆

毎日いっぱいブレーキを使って、少し前から
自転車のブレーキがきかなくなってきました・・・

神様が、私の心におっしゃいます。
「自転車の運転には、本当に気をつけなさい」

ズルズルブレーキを直すことをのばしていては
きっと大変な目にあう。
一刻も早くブレーキを直さないと!

やっと事の重大さが分かって、帰り道にある
昔ながらの自転車屋さんに入りました。

中で、気さくなおじちゃんが迎えてくれました。

ブレーキのことを話すと、おじちゃんは言いました。
「最初からこのブレーキ、使いにくかったでしょ?
 ほとんどの自転車は、ブレーキの固さも、位置も
 その人その人にぴったり合わせてあげないんだよ。」

おじちゃんはそう言うと、ニコニコしながら
チャチャッとブレーキのグリップを調整して
パパッと古くなったブレーキのケーブルを取り替え
最終チェックをして、「よしっ」とOKサイン☆

とてもリズミカルで、流れるような職人の手さばき。

「ブレーキがきかなかったり、使いにくいのは
 自転車乗る人にとって、すごいストレスなんだよ。

 だから、ここに来るお客さんのブレーキは
 いつも見てあげるんだ。

 我慢して乗ることはないんだよ。

 自転車屋が、その人にぴったりに合わせてあげないと。
 そうしたら、乗る人はずいぶん楽になるからね。」

おじちゃんは、やさしい目で話してくれました。


自分に合っていない自転車は、とてもストレスになる。
それなのに、ずっと我慢して乗り続けている人が多い。

まるで、自転車は「自分のこと」のようだな・・と感じました。

自分に合わないブレーキのまま。故障したブレーキのまま。

それが普通だと思っていた。
それが自分なんだと思っていた。

自分の個性があるなんて、知らなかった。

自分のぴったりなものが何かも分からず、
どこかぎこちなくて、どこか納得いかなくて
どこか生きづらいまま、ずっと我慢して生きてきました。

でも、御言葉に出会って、やっと分かりました。

私に自分だけの個性があるんだって。
私たちは神様の御言葉で、「自分」をぴったり作ることができるんだって。


御言葉で、1つ1つ「どうやって作るのか」教えてくれるから
私たちは、1つ1つ、その通りやれば大丈夫。

少しずつ、自分にぴったりなかたちに変わって
少しずつ、生きづらいところがなくなってきて
「我慢するより、挑戦して自分を変えたい」と
思えるようになりました。

そして、やっと笑顔がもどってきました。


ブレーキがすっかり直った自転車に乗ると
とっても快適で、とっても安心して乗れました。

1214

私も、いつも快適で安心できる、神様も安心してくださる
そんな「自分」を作っていきたいです(o^ ^o)

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

ベートーベンの心にさしこんだ光   「喜びの歌」

ずっとそばにいてくださる神様

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP