menu

真っ白なキャンパスに

山の中の清流のそばを歩いていると
真っ白なキャンパスと出会いました。

1103

使いこなされた油絵の道具たち。
パレットには、きれいな彩りのグラデーション。

秋の落ち葉が、フカフカしたじゅうたんみたい。
清流の音が、心地よく耳に入ってきます。

ご主人を待っているキャンパスが、私に問いかけます。

「真っ白なキャンパスに、何を描きますか?」

朝目覚めた瞬間の自分の心は、真っ白なキャンパスのよう。

そのキャンパスに、自分の心に浮かぶことが
1つ1つ描かれて、「今日だけの作品」ができあがる。

もじもじしていたら、隅っこに小さな絵しかかけないよ。
クヨクヨしていたら、線もクネクネになっちゃうよ。
どんよりしていたら、くら~い色合いになっちゃうよ。

こんな大きな、真っ白なキャンパスをもらったんだもん。
せっかくなら大きくて、線もしっかりと、美しい色彩の
「今日しかかけない絵」を描いていこう。

私しかかけない、たった1つの作品を描いていこう。

最初の一筆は、今日のはじまりに感謝する心。
今日も1日、神様と一緒に過ごせるよう願う心。

そして、一筆一筆、心を込めて描きますね。

自分のことばかりじゃなくて
大切な人を思う心もいっぱい描こう。

うまく描けなくても、何度も描くうちに
きっと、少しずつうまくなる。

神様、私の右手にそっと手を置いて
一緒に描いてください。

やさしくて温かな、海のように大きく
空のように広い、神様の心のような絵を
一緒に描いてください。

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

【摂理女子の食レポ】富山の名産☆鱒寿司

この地球は 「私のため」につくってくれた

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP