menu

行なうことがつらい時には

寝不足だったり、体調が悪かったり、心がモヤモヤしていると
体も心も重たくなって、行なうことがつらい時があります。

でも、じっとしていたら余計つらくなることを、
これまでに何度も何度も経験してきました・・・

なんとかこの状態から抜け出したい!そんな時の救急処置は
「今の自分にできることを、とにかくやってみる」こと四葉のクローバー

「やろうとする心」に、神様は来てくださって、
私を悟らせ、導いてくださることを、経験してきました。

休みたがる自分の心に、「やればもっと元気になるよ」と
言い聞かせて、戦いながらの実践です!
出だしは大変でも、その時にすべきことなら、
やりだすと軌道に乗ってくることも、経験済です^^

そして、1つ1つ行なう中で、ある詩に出会いました。
鄭明析(チョンミョンソク)先生が書かれた詩です。

歳月は、哀願しても止まらない。
時間、歳月にお願いなどしないで、
時間を与え、歳月を与える時に一緒に抱きしめて
夜も昼もすべきことをして行なうべきだ。

行なう人、幸せだ。
縛られていても 、苦労しても、
時間があってできるということが、幸せだ。
自由の身でも、できない人は不幸な人だ。
苦労しても、努力してすることができるならば、自由の身だ。
どこででも、苦労しても、自分が願うことができるならば、幸せな人だ。

この真理を悟って、明け方には祈り、神様の御心を悟って、
昼には行ないなさい。

休まずに行く人は、休んでいく人より遠くへ行けない。
人生の休憩所で、一緒に休んで、いこう。
人生は、苦痛のマラソンではないから。

時があるので、神様は止めることはなさらない。
時を大切に思って、行なっていこう。

行なうことをつらく思う時、
行なうことの大切さ、行なえることの幸せを忘れた時、
ひとりであきらめ、ひとりで焦り、神様と共に行なえていない時、
この詩のことばを、思い出したいです。

ひとりでやろうとせずに、神様と共に行なえるように。
力を出すべきところで出して、休むべきところでは共に休んで、
神様と足並みをそろえて、笑顔で行なえるようにニコ

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

心にのこった、油井さんの言葉

米ぬかおやつのレシピ☆歯ごたえザクザク!強力粉と米ぬかのクッキー

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP