心にのこった、油井さんの言葉

朝、新聞を読んでいて目に留まった言葉がありました。

国際宇宙ステーションで現在働かれている油井さんが
先日打ち上げられた「こうのとり」をロボットアームで
捕捉することに成功されたとき、下さったコメントです。

「宇宙開発の中では1つの小さな歯車だけど、
 自分の仕事をしっかりして1等星並みに輝けたかなと、
この瞬間だけは思います。」

壮大な宇宙開発というプロジェクトの中での、1つの仕事。
でも、そのたった1つの仕事が、先のものとこれからのものをつなぎ、
今行われている仕事に絶対欠かせない歯車となり、全体を生かす。

だから、その1つの行ないは、1等星並みの輝きを放つんだ・・・
そう感じました。

油井さんの言葉は、みんな1人1人の行ないに当てはまると思います。
自分の、行ないにも。

朝早くから出勤して、色んな人々と関わりながら仕事をこなし、
退社してわずかな時間をやりくりして家事をするお母さんがいる中、
私は毎日家の中で家事をして、環境も時間も、ずっと自由です。
だから、その自由な環境と時間をどのように使うべきか、毎日考えます。

私は、もっと自分の考えも、体も、つよくしたいです。
どんな時も、真の目的の前で決して揺れない、神様のように。
どんな時も、はっきりした考えで最後まで行なう、鄭明析先生のように。

私は、今の私に必要なことを、1つ1つ聞いて行なっています。
それは、家の中で、私がひとりだけで行なう、とても小さなことです。

窓の外に広がる空を見て、神様を思い、神様に祈ること。
パソコンを開いて御言葉を聞き、感謝して、ノートに書き写すこと。
毎日の生活の中で悟る、御言葉と神様のことを、ブログで綴ること。
生活の1つ1つの行ないを、神様を忘れず行なえるよう挑戦すること。

他の誰も知らなくても、神様はすべてごらんになって、すべてご存知です。
だから、私は「やろう」と思えます。だから、私はがんばれます。

でも、神様を少しでも忘れると、世の中を見て、人を見て、
自分の行ないに自信をなくしてしまう時が、時折あります。
考えが弱くなり、1つ1つの行ないが、とても小さく見えてしまいます。

そんな私に、神様は御言葉でこう教えてくださっています。
「人間の考えはあまりに弱く、人生をうまく生きられない。
 だから、目に見えない<霊の考え>で生きないといけない。
祈れば、自分の中の霊が神様の考えを受けるから、
ずっと強くなり、自分の考えも治めることができる。」

「見てはじめて見えるように、考えてはじめて感じ、見える。
目で見えなくても、神様を考えで忘れなければ、いつも一緒。
考えを神様に任せたら、もう揺れない。」

自分で考えることをもう止めよう、ただ神様に考えを任せよう。
神様、あなたの考えを知りたいです。私に向かう声を聞きたいです。
そう、願いました。

夜、布団の中で娘でおしゃべりしました。
「暑い日も寒い日も、重たいランドセルを背負って学校に通って、
勉強も運動もがんばって、それでも元気いっぱいですごいね。
おかあさんは、おうちの中でゆっくりお仕事してても、
体がつらい時があるよ。おかあさんはまだまだ弱いね~。」

そう話すと、娘がこう言ってくれました。
「毎日お祈りして、御言葉お勉強する方が、私には大変だよ。
 おかあさんは自分から『御言葉書こう!』ってがんばるでしょ。
 それがすごいよ。」

私の小さな行ないを、娘はそんな風に見てくれていました。
そんな風に、神様も見てくださっているんだと、感じました。

やって当たり前だと思っていた、私の小さな行ないにも
1等星並みの輝きがあるんだって、気付きました。

私はうれしくて、涙が出ました。「ありがとう」と、娘に言いました。

私の今日の行ないが、家族を元気にする歯車の1つとなり、
みんなが幸せになり、愛と平和の世界となる歯車の1つとなり、
神様も、みんなも、私も、笑顔になる歯車の1つとなって、
1等星並みに輝くことができますようにき

つい読みたくなる☆摂理ほのぼのライフ

行なうことがつらい時には

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP