menu

朝の新聞のおたのしみ

毎朝、ひそかに楽しみにしていること。
それは、新聞のすみっこに掲載されている
読者の方の詩を読むこと。

初老の男性が書かれた、深い味わいのある詩。
小さな子が書いた、とってもピュアな詩。
お母さんが書かれた、やさしい眼差しの詩。

その短いことばの中に、その方の生活も、
その方の心も、感じられます。

ある詩が、心に残っています。

「同じ声で」
雨の日に 今日もランドセルを 背負った娘が
元気にかえってくる

長靴を泥だらけにして 服も手も濡れている

昨日と同じ 右手に小さな野花を 一本握って
彼女は言う おみやげだよ、と

濡れた手のまま 私に差し出すのだ
晴れの日と同じ声で

雨が降っていても 変わらず 元気な女の子。
雨が降っていても 変わらず 野花を摘んで、
晴れの日と同じ声で 大好きなお母さんに渡します。

私もこんな風に、神様を愛したいです。

神様が、御言葉でおっしゃいました。
「患難をおそれなくていい。
 生活の中で患難がきても、再び始め、再び挑戦すればいい。
患難は、自分を成長させる機会だ。
患難が、あなたを丈夫にする。」

患難の時に挑戦することが、自分を強くしてくれる。
挑戦する人に、神様が共にしてくれる。

雨が降っても、大変なことがあっても、
そんなの気にせず、私の精一杯の愛を摘んで、
晴れの日と同じ笑顔で、神様に手渡したい。

お天気が変わっても、変わらない笑顔で、
神様を愛していくことができますようにニコ

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

辛味大根で☆あったかおでん・レシピ

いいな、筑波大学☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP