「シロ」という名前、ある夢で決めました。

私のペンネームに決めた名前、「シロ」。
この名前、実はこんないきさつがあるんです。


数年前に、こんな夢をみました。


1匹のちいさな、真っ白ないぬが、人混みの中で立ちすくんでいました。

通り過ぎていく人々の中で、そのいぬは、
どこに進んでいいかもわかりませんでした。

その頃、ひとけののないところに、
静かに階段をのぼっている男の人がいました。

その人だけが、そのちいさないぬに気づきました。

男の人は、「どうしたの?こっちにおいで」と
両手を広げて、いぬの前にしゃがんでくれました。

ちいさないぬは男の人のところに行きたいんだけど、
自分の力じゃ前に進むことすらできませんでした。

泣き出しそうないぬを見て、男の人は、
「大丈夫だよ、私が助けてあげる」と言って、
そっと抱きしめてくれました。

いぬは、そのやさしさにびっくりして、
その男の人の腕の中で、「うん」とうなずき、
はじめて笑顔になりました。

男の人はいぬと一緒に、ひとけのない階段を
いぬのおしりを押してあげながら、
一段ずつ、一段ずつ、上がっていくのでした。


「大丈夫、私が最後まで、ずっとそばにいるからね」


この夢は、数年たった今も、忘れられないものです。
ちいさないぬは私、男の人は神様だったんだなと感じます。

本当に、ひとりひとりを、やさしく、温かく、愛してくださる神様。

そのいぬの見た目が、「シロ」という名前ピッタリなので、
「シロ」と名前をつけました。

あの頃から、私どれぐらい大きくなったのかな。。

毎日御言葉で、どんどん自分をつくって、元気よく、格好良く、
階段を颯爽と駆け上がるシロに、変化していきたいです☆


そして、ちいさないぬがはじめて自分を愛してくれる人に
出会った時の初恋の心、いつまでも色あせず、持ち続けていきたいです

ルルとララの「レンジでカップケーキ」☆レシピ

小学生のわくわくアンケート☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP