menu

おすすめ絵本☆「だってだってのおばあさん」

先日、「だってだってのおばあさん」という絵本を借りました。
「100万回生きたねこ」で有名な、さの ようこさんの絵本です。

おばあさんは98歳、ねこと一緒に暮らしています。

ねこが魚釣りに誘っても、「だって私は98だもの、魚釣りは似合わないわ」
と言って、断ります。

そんなある日、おばあさんの99歳のお誕生日を祝うため、
ねこはケーキに立てるろうそくを99本買いに行きましたが、
途中でろうそくを落として5本しか持って帰れませんでした。

おばあさんとねこは5本のろうそくをケーキに立ててお祝い。
おばあさんは「ろうそくが5本だもの、私5さいになったのよ」と言います。

おばあさんは、これまで「だって98だもの」と言って断ってきた魚釣りも、
「だってわたしは5さいだもの・・・あらそうね、5さいだからいくわ」
と言ってねこと一緒に魚釣りに行くのです。

おばあさんはこうして、99歳の体だけど、5歳のこころで、
色んなことをやってみて、とっても楽しい気分になります。

私も日常の中で、「だってわたしは」と思うこと、結構あるんじゃないかな?

特に言葉でそう思わなくても、無意識に「できない自分」を想定して、
自分でセーブしてしまうこと、あるんじゃないかな・・そう思いました。

でも、せっかくなら、このおばあさんのように「できる自分」を想定して
色んなことを自信持ってやってみたいですねき

「だってわたし、こう見えて強いところ結構あるんだもの!」
調子が上がらない時は、そう言って自分の背中を押してあげよう。

「だってわたし、まだまだ可能性がいっぱいあるんだもの!」
自分の中にまだ眠っている可能性をひとつひとつ起こしてあげて、
もっとイキイキした、笑顔いっぱいの自分になりたいですねニコ

絵本を通しても、大切なことを教えてくださる神様。

心を上向きにしてくれて、感謝します^^

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

サンタさんにプレゼントを♪

先に愛する心で育てよう☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP