menu

おかあさんが 涙をながした日

いつも笑顔で やさしいおかあさん。

私が ワガママを言っても

私が 言うことを聞かなくても

毎日 おいしいごはんをつくってくれて

毎日 「いってらっしゃい」と言ってくれて

毎日 私を愛してくれた おかあさん。

 

おかあさんが ある日 涙をながしました。

私の前で ポタポタ ポタポタ。

 

私 知らなかった。

おかあさんのキモチも おかあさんの涙も。

 

私を 生んでくれたこと

毎日 愛してくれること

おかあさんが そばにいること

ひとつも 感謝せずにいた。

文句言って 甘えてばかりだった。

 

それでも やさしかったおかあさん。

 

教えてあげられることと

自分で気づかないといけないことがある。

 

だから 自分から気づいて 直すのを

ずっと 待ってくれてたんだ。

 

顔には出さずに 心で涙して。

 

心の涙が いっぱいたまっちゃって

とうとうあふれた おかあさんの涙。

 

おかあさんは ずっと 分かってもらいたかったんだ。

 

私が生まれる前から おともだちにも 家族にも

ずっと 分かってもらえなかった おかあさん。

私が生まれて 愛をいっぱい注いで 育ててくれた。

私には 私だけには 分かってもらいたくて。

 

おかあさんの涙で やっと分かった。

おかあさんのキモチ 分からなくてごめんね。

 

私も ポロリと 涙がこぼれた。

おかあさんが 涙目で 笑ってくれた。

 

おかあさん おかあさん。

私 おかあさんに抱きついた。

 

おかあさんを だいじにする。

私 心に決めたんだ。

これからはずっと だいじにするんだ。

 

たった1回の涙 忘れないよ。

もう 泣かせちゃダメだよ 私。

 

6年前の 今日の津波も 忘れない。

 

津波も 地震も 洪水も 火災も 墜落も。

 

あの時の おそろしさも

今も続いている つらさも。

 

かなしい涙が もう あふれないように

笑顔が ずっと 続いてくれるように

私 毎日 祈るんだ。

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

サプライズorプレミアム?チロルチョコの変わりダネ

「完成」まで あと「もうちょっと」!

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP