ひさしぶりの手巻きずし

節分の日が近づいて 恵方巻きの広告を

よく目にするようになりました。

 

恵方巻きを 見ると

思い出すことがあります。

 

娘がまだ2歳の頃 節分の日に

手巻きずしをしようと

材料を準備して 酢飯を作りました。

 

その頃の私は 心のバランスがとれなくて

食べることを 極端に制限していました。

 

家族には 普通の食事を作りたいけど

「普通」の感覚が 分からない。

 

そんな状態だけど 喜んでもらえるように

精一杯 用意しました。

 

主人は ムッとした顔になりました。

 

刺身の種類も きゅうりや卵焼きの量も

酢飯の量も 海苔の切り方も

どれもダメだと言われました。

 

 

主人は おばあちゃんちで 大勢で食べる

そんな手巻きずしを 食べたかったんです。

 

でも 摂食障害をもつ私は

おばあちゃんのように できませんでした。

 

 

あの頃 おうちの中は

とても ピリピリしていました。

 

私はビクビク 主人はイライラ・・・

 

だから 少しでも 楽しい雰囲気を作りたくて

手巻きずしを 用意したんだけど

 

かえって 悲しい気持ちに なりました。

 

それが ずっと残っていて ずっとこわくて

作れずにいた 手巻きずし。

 

ある日 娘が

「手巻きずしを食べたい」と言いました。

 

これまでも 何度か聞いたけど

ずっと 答えられずにいました。

 

でも 今回は「作ろう」と思ったんです。

 

「ずっとこわがってきたもの」から 抜け出したくて。

「ずっとこわがってきた自分」を 本当に変えたくて。

 

何を用意しようか どうやって作ろうか

あの時は ひとりで いっぱい悩んだけれど

 

今日は 1つ1つ

心に思い浮かぶまま 用意しました。

 

あんなに こわがっていたのに

やってみると できました。

 

分量も 多いのか少ないのか

よく分からないけれど

 

多ければ 残せばいいし

少なければ 何かで足せばいい

 

そんな風に 思えるようになりました。

 

 

他の人には 当たり前のようなことが

ずっと できずにいました。

 

だから こんな自分の変化も

私には 奇跡のように思えるんです。

 

 

今日の手巻きずしの時間は

本当に 楽しい時間になりました☆

 

主人も 娘も「おなかいっぱい~」と

言ってくれました。

 

「私もやっと 手巻きずしを

用意できるようになったんだ」

 

自分の変化が 本当にうれしかったです^^

 

 

自分がうまくできないことに

今も 不安になって

「どうしよう」と焦る日々です。

 

「でも ちゃんとできるようになってるよ^^」

神様は きっと そう言ってくれている。

 

問題があることは なにも悪いことじゃない。

 

問題を糧にして もっと自分を

ステキに 作ることができるから。

 

不安は 希望になり

苦しみは 喜びに変わるから。

 

がんばろう 私。

がんばろう 神様と一緒に。

これからも☆

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

なかなおりは、もとどおりじゃないんです。

おうちの中の かわいい雑貨たち

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP