母の手作り☆窓ふきたわし ~うちの母と私~

お正月に久しぶりに実家に帰省して、
父と母とのんびり過ごすことができました。

姉家族も加わって、とってもにぎやかなお正月です^^

みんなが集まるこじんまりとした居間には、
庭一面が見える大きなガラス窓があります。

ガラス窓はきれいに磨かれていて、
母が大事にしている小さな草花たちと
青い澄んだ空が、目に飛び込んできました。

「窓からの景色、すっごくきれいだね」
私がそう言うと、母が「あ、そうだ!」と言って
毛糸の束を持ってきました。

「これで窓拭きのたわしを作ったんだよ」

明るいオレンジのアクリル毛糸を
手慣れた手つきでクルクルっと巻いて
あっという間にたわしが完成しました☆
0101
「これを水で濡らしてギュッと絞って
 窓を拭いてから乾拭きしてね。
 おもしろいぐらいピッカピカになるよ~」

そう言って、私の前にポンとたわしを置いてくれました。
0101-2
母の短くてがっしりした指。
この指で、色んなものを作ってきてくれたね。

毎日遅くまで仕事をして、私たちを世話してくれた母。
保育園のスモックに、時間をかけて刺繍してくれてありがとう。
女の子やお花の刺繍が、とっても自慢だったよ。

冬でも冷たい水で野菜を洗って、手が真っ赤になりながら
せっせとお料理を作ってくれてありがとう。

母は自分の指はぶさいくだっていつも言うけれど
私はお母さんの指が大好きだよ。

私もこれからいっぱい色んなものを作って
お母さんの指のようになりたいです。

やさしい、あたたかな母の指と、まあるいたわし。

また外の寒さが和らいできたら、お天気いい日に
このたわしでぴっかぴかに磨くぞ~(^o^)/

私の心もぴっかぴかになるように、毎日コツコツ磨いていこう^^

お母さん、ありがとう。

いつかお母さんが神様に出会える日が来るように、
毎日、毎日お祈りするね。

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

木の枝のような人生から…

人間の価値は、人間であることだ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP