いつも相手を思うキモチ

摂理に来て学んだ、とても、とても大切なこと・・・
それは、「ひとりで生きているのではない」ということ。

私の行ないで、傷つく人もいる。
私の行ないで、喜んでくれる人もいる。
私の行ないは、私ひとりに留まるのではない。
相手に、つながっている。

だから、何か行なう時は、相手のことを思って
相手を悲しませずに、相手に力を与えられるような
そんな行ないができるようにと、願ってきました。

相手のことを思って、行なうことができるようになりたい。

毎日自分がそうなりたいと願って挑戦していること、
つい娘にも伝えていることがよくあります(^_^;)
自分もできるように、娘もできるように☆

先日、こんなことがありました。

給食で苦手なものは一切口をつけない娘に、こう話しました。
「おかあさん、空っぽのお皿見ると、すっごくうれしいんだ。
給食センターの人も、残り物が少ないと、とってもとっても
とーってもうれしくて、みんなで飛び上がっちゃうと思うよ。
でも、残り物がどっさりあると、しょんぼり顔になっちゃうと思う・・・
だから、いつも給食センターの人を思って、食べてほしいんだ。」

また、ピアノの自宅練習をなかなか毎日続けられない娘に、
ピアノの先生が残念そうな顔をしていたことを伝えました。

自分の行ないが、相手につながっていることを感じてもらいたい・・・
そんな私のことばを、娘はじっと聞いていました。

その日の夜、娘が急に机に向かって何かを書き始め、書いたものを
私に見せてくれました。

「きゅうしょくは、たべれるならたべる!!がんばろう☆
 (きゅうしょくセンターの人がかなしむよ)」

「ピアノは、45分がんばろう☆(先生がかなしむよ)」

娘が自分で立てた、決心でした。
その決心の中には、給食センターの人、ピアノの先生を思う
気持ちが、しっかりと入っていました。

御言葉で学んだ大切なことを、私の精一杯、娘に伝えたら
神様が、娘の心に働いてくださいました。

神様、ありがとうございます^^

私がひとりで悩み不安がる姿を見て、悲しまれる神様。
私ができなくても挑戦する姿を見て、喜んで共にしてくださる神様。
私が目に見えない神様を見ようとして、涙を流してくださる神様。

そんな神様をいつも思って生きたいです。

もうひとりで生きるのではなく、神様と一緒に、
これからもずっと生きていきたいです。

直接会えることが、うれしいんだ

どんなお天気でも いつもいっしょに笑って☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP