menu

だいじなことは、<必要性>を分かること

娘が小学生になってから、ずっと悩んでいることがあります。
「娘に御言葉を伝える時間が、なかなかできないこと」です。

小学生になって、お友達と過ごす時間も増え、
自分でやりたいことも増えた娘。

私は会話の中で御言葉を話すことが精一杯で、娘にちゃんと、
子供用の御言葉を伝えることができずにいました。

そんな私に、神様は今週の御言葉をくださいました。
「同じく貴重な御言葉を聞いても、<必要性>が分かるから行ない、
  <必要性>が分からないから行なわないのだ。」

その御言葉を聞いて、はっとしました。

娘の環境の変化のせいで、状況のせいで、娘に御言葉を伝えることが
難しくなったと考えて、言い訳してきたことに気づきました。

一番大きな問題は、私が本当に「娘に御言葉を伝える必要性」を
はっきり悟れていないことだと、痛感しました。

愛がどれほど大事か、どれほど愛されているか、知るために必要な御言葉。
私達が最高に幸せに生きていくために、絶対に必要な御言葉。

その御言葉を、娘に伝えることがどれほど大事なことなのか、
私がもっと悟って、責任を感じて、行なっていかないといけないです(>_<)
この御言葉を聞いて、やっと目を覚ますことができました。

まずは私が<必要性>を分かって、切実に、娘に御言葉を伝えたいと願うこと。

一番大事なことが抜けていたから、難しく感じていたんですね・・・

さらに御言葉で、こう教えてくださいました。
「相手が行なうようにさせるためには、まず自分が<必要性>を悟って教えてあげて。
人は、貴重な話を聞いても、それがどれほど必要か分からなければ、やらない。
だから、とにかくやりなさいとばかり言わないで、<必要性>を話してあげて、
分からせてあげなさい。」

娘にただ御言葉を伝えるだけでは、だめなんだ。
娘が「御言葉を聞く必要性」を分かってこそ、自ら御言葉を行なえるようになる。

先生は、いつも「ただではできない」とおっしゃいます。
「できるようになるためには、研究し、努力することだ。」

今は自ら好んで御言葉を聞くことはできない娘だけれど、
自分から御言葉を聞きたいと思ってくれるように、
もっと娘にぴったりな方法で、楽しくうれしく、伝えていきたいです☆

今週も、大事な御言葉を伝えてくださった神様に、
心から感謝しますニコ

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

運動会のお弁当づくり^^

必要性が分かれば 自分からできる☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP