子供へのおもてなしの知恵

今まで子供に接する中で、子供たちにお菓子をあげる機会がたくさんありましたが、

初めは子供たちが喜ぶようにと、ただそれだけを考えて、市販の既成のクッキーやチョコレートを準備していました。

 

甘いお菓子は間違いなくみんな喜んでくれる、と思ったからです。

 

しかし子供たちの健康を考えるきっかけがあった時から

「手作りの方が良いな」と思うようになりました。

 

砂糖を控えめにしようとか、植物性の油を使うようにしてみようとか、

材料を調節するようにして

相手のことをより深く考えるようになって、可能な時にはできるだけ手作りするようになりました。

 

元々はお菓子を作るような女子キャラではないのですが…喜んで食べてくれる姿を見るとやりがいを感じます(^-^)

 

ところが最近、もう一段階深く考えないといけなかったと気付くある出来事がありました。

気付きの現場は、近所のスーパーマーケット。

 

みんなだいすき試食のコーナーに、最近はこんなメッセージが貼ってあります。

 

『おとうさん、おかあさんにみてもらってから たべてね

『こどもだけで たべないでね』

 

今までこんな表示、見たことなかったけど

食物アレルギーを持つ子供が分からずに食べてしまわないようにと、最近はこういう配慮がなされていることを知りました💡

小さな子供だと、分からずに食べてしまうこともあるから危ないんですね。

 

子供が重度のアレルギー症状を起こして病院に搬送されたが、原因は公園でおじいさんにもらったお菓子だった、という事故もあったそうです。

おじいさんはきっと親切心であげたのでしょうけれど、アレルギーを知らなくて親も子も苦しませてしまったという結果はあまりにも悲惨です。。

 

幸い、私が今まで接してきた子供たちの中にはアレルギーの子はいませんでしたが、こういうことを起こしかねないのだなと感じてハッとさせられました。

 

小麦、卵、牛乳…アレルゲンはお菓子にもたくさん。何気なく渡すお菓子でも、これからはちゃんと確認しようと思います。

 

大人として責任分担を果たして、子供たちが安心して笑顔になれるおもてなしを考えていきたいです(*^^*)

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しんどい時に何もしないと、余計しんどくなる!?

それがあったから、今がある。

関連記事

  1. よつばの変化

    よつばが 2歳のときに私は 摂理の御言葉に出会いました。…

  2. こどもの いのち

    職場の人が 空港で大切なパソコンを盗まれました。一瞬 目を離…

  3. 子育ても神様のように☆

    小学生の娘の母である シロ。子育てで悩むことが毎日 …

  4. 子どもの苦手のためにできること

    運動が苦手な子 片づけが苦手な子じっとしているのが苦手な子・・・…

  5. おかあさんメモ① ~宿題のとき~

    こどもを育てている 母として日常のなかで 気づくあんなこと …

  6. 給食だいすき!

    保育園時代と 小学生時代シロは給食生活であった。…

  7. ありがとう、保育園の先生。

    保育園で こどもたちを預かってこどもたちのためにおかあさん …

  8. 笑顔の復活 笑顔の鏡

    久しぶりに、子供たちの練習用に振り付け動画を撮影しました(^-^)&…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

3人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP