sakuさんとバトンのお話。

当ブログのsakuさん

東京から はるばる

青森に 会いに来てくれました (*^ ^*)

 

「夫の留守中に妻が思いきりやったこと」

(by sakuさん☆)

 

シロとよつばは

青森のいなか町に住んでいます。

 

sakuさんは スラリと長身で

目がとってもキレイな女性。

そして 肩には

なぜ タスキが・・・

「実は やりたいことがあって☆」

 

sakuさんのタスキの中には

なんと バトンが入ってました!

 

sakuさんの だいすきなバトンを

よつばとシロにも 楽しんでもらいたくて。

 

冷え込んだ雨の日 冷え性のsakuさんが

だれもいない 公園の屋根の下で

たのしく やさしく

バトン教室を 開いてくれました。

 

バトンにあこがれていた よつば

すーんごく うれしそうでした^^

 

練習をしながら sakuさんが

バトンのお話をしてくれました。

 

 

大学で 摂理にやってきたsakuさん。

それまで スポーツは

ほとんどされてこなかったそうです。

(ええっ 意外! by よつば)

 

摂理にきて 大学4年生で

はじめて バトンを手にしました。

 

教えてくれる人は 誰もいなくて

摂理のなかまと いっしょに

動画を見て 練習に励みました。

 

ゼロからの出発。

大変だけど がんばるほど

悟ることがありました。

 

1.いつも「中心」を見ること。

どんな技をする時も

中心を見ないと うまくいかない。

中心をしっかり見れば できてくる。

 

2.あきらめないこと。

「できない」と言わない。

「ムリだよ~」と言わない。

やってみれば ちゃんとできる!

 

3.なかまといっしょにやること。

もし バトンがなかったら

こんなに 摂理のなかまと

いっしょになること なかった。

バトンが つなげてくれました。

 

とっても大切なことを

バトンが 教えてくれたんだ。

 

御言葉を 体感させてくれたんだ。

 

だから sakuさんは

教会のこどもたちにも

バトンを教えています。

 

バトンをやっていて

とっても よかったから。

とっても たのしいから☆

 

sakuさんの バトン教室。

よつばも シロも

はじめての体験で

本当に たのしかったです^^

 

sakuさん ありがとう。

バトンの練習 続けますね☆

 

また 青森に

遊びに来てくださいね^^

 

私たちも 東京に

きっと 遊びに行きますね^^

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。12歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ぬかおやつのレシピ☆簡単!シリアルマフィン

今は雲の中、雲上に向かって

関連記事

  1. 乳幼児の肺炎サイン~1歳半息子のケース

    我が家の息子は保育園児のせいか、ほーんとにしょっちゅう風邪をもらってきますΣ…

  2. 摂理を反対された時

    摂理に来て7年がたちました。7年の間に、1度だけ摂理を出ようかと考え…

  3. ふれあい遊びから(´・ω・`)

    最近の1歳児クラスの人達は、おしゃべりができるようになってきて、担任としては…

  4. 鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師って、どんな人で…

    人は 知っているようで知らないことが いっぱいあります。&n…

  5. よつばの変化

    よつばが 2歳のときに私は 摂理の御言葉に出会いました。…

  6. 「ここを直して」と言うのも、愛なんです。

    よつばが 作文を書きました。「ごはんと私」という題名でごはん…

  7. 摂理のCA☆摂理Lunaさんのブログ

    摂理には、とっても素敵なブロガーの方達がたくさんいますそんな摂理ブロガ…

  8. 【悩み】ゲームに夢中な子を脱出させるには!?

    娘が 小学2、3年生のころゲームのことで よく悩んでいました。…

PAGE TOP