ママと赤ちゃんにやさしい、北欧の暮らし。

シロが よつばを出産したのは

北欧の ちいさな町でした。

 

よつばが 1歳になるまで

その町で 子育てをしました。

 

もともと心配性で 完璧主義のシロ。

初めての子育ては 緊張しっぱなしで

不安と焦りの連続でした (-_-;)

 

そんな 新米ママのシロに

北欧の人たちは 手を差しのべて

声をかけてくれました。

 

電車の中で よつばが泣き止まなかった時

 

” Take it easy. “ (気にしないで)

” That’s baby. “ (赤ちゃんだもんね)

まわりの人は そう言ってくれました。

 

町を お散歩している時

ベビーカーの中の よつばに

” She’s beautiful. “ と

ほほえんでくれました。

(見た目は 男の子みたいでしたが 笑)

 

ベビーカーを バスに乗せる時

なかなか上がらず 困っていたら

ずっと年上の 初老のご婦人が

ヒョイッと 持ち上げて

” No problem. “ と

助けてくれました。

 

その手も その言葉も

とっても ナチュラルで

とっても あたたかかったです。

 

そして そのまなざしは

” That’s all right. “ と

言ってくれているようでした。

 

「大丈夫 みんな最初はそうよ。」

「大丈夫 あなたは いいママよ。」

「困ったことがあれば 助けますよ。」

 

みんなからの ” all right ” が

本当に うれしかったです。

 

 

赤ちゃんとママは 時に

ヘルプが 必要です。

そして いつも

温かい目が 必要です。

 

お年寄りも 体が不自由な人も

さまざまな状況の人も。

 

まわりのみんなの 関心が

すごく 大きな力になります。

 

日本にも

” all right”の まなざしが

たくさん あふれますように^^

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。12歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ぬかおやつレシピ☆米ぬかクッキーのプチギフト

家族に育ててもらっています。

関連記事

  1. 不器用ママのふたり ~何度でも、やろうとする心~…

    2015年3月の ある日。シフォンケーキ作りに 失敗したシロ。…

  2. ふれあい遊びから(´・ω・`)

    最近の1歳児クラスの人達は、おしゃべりができるようになってきて、担任としては…

  3. 子育てのスランプ=ターニングポイント!?

    こどもの成長は 著しい。身長も 運動神経も 興味もぐんぐん変…

  4. よつばと、負けず嫌い。

    よつばは 非常に負けず嫌いです。かけっこ…

  5. プレゼントは「やさしい心」

    よつばが 小学3年生の時のお話。いつも元気な よ…

  6. 腹持ちのよい 小学生の朝ごはん☆

    小学4年生のよつばの口ぐせ 堂々一位は「おなかすいた~」ではないだろ…

  7. おかあさんメモ ~算数が苦手な子に~

    学年が上がるごとにどんどん難しくなっていく 算数。&nbsp…

  8. 不器用ママのふたり ~毎日やり続ける姿~

    「ピンポン」と 玄関のチャイム。「宅配で~す」と手渡された 白い箱。送り…

PAGE TOP