おかあさんメモ ~夏休みのこどもにイライラしたら~

夏休みは 子供たちのパラダイス!

 

小学5年生のよつばは 一人っ子。

両親は 朝早くに 仕事に出かけ

夕方まで ひとりで自由な時間です。

 

いちおう 今日やることを 自分で決めて

それをやったかどうか 母が帰宅後に確認。

 

母は 子に お弁当を作り

留守番をしている子のために

できるだけ早く 仕事を終え

できるだけ速く 自転車をこぎ

ヘトヘトになって 帰宅する。

(いつもヘトヘトしてるじゃん!←よつば)

 

そして 母がたずね 子が答える。

「お 今日はたのしかった?」

「うん! マンガ描いたり 公園行ったりしたよ~☆」

 

「お弁当は おいしかった?」

「うん! おいしかった!!」

 

ここまでは 両者とも 明るい声。

問題は ここから。

 

「宿題は がんばった?」

「うん・・・ やった・・・・かな?」

 

聞いてみると 計画した分の半分をして

その後は 自分のやりたいことに

いそしんでいたようである。

 

「まあ・・・ しかた・・・ないか。」

母も 子と 同じような答え方をする。

 

 

そして 部屋に入り 愕然とする。

 

よつばに頼んでおいた 食器洗いが

まったく 手をつけられていない・・・

 

 

朝から夕方まで こんなに時間があったのに。

 

宿題をやっていないこと以上に

自分が頼んだことを やってくれていないことが

 

こんなに ショックなこととは・・・・

 

 

母 大人げなく

子に 「ぷいっ」としてしまった。

 

 

「ぷいっ」とした顔で 母は 考えた。

 

こういう時は 十中八九 ほぼ100%

自分が 腹を立てていることは

自分にも 当てはまることである。

 

自分が できていないことを

子を通して 気づけるかどうか

 

神様は ただ じっと

母のことを 見つめている(と感じる)。

 

 

私だって 神様に任せられたこと

どれだけ 後回しにして

どれだけ 自分のやりたいことを

先に やっちゃっていることか・・・

 

それでも 神様は

私に「ぷいっ」となんて しない。

 

自分で気づいて やるようにと

御言葉で また教えてくれて

辛抱づよく 待ってくれる。

 

一体 どれだけ 心が広いんだろう。

 

 

私は どれだけ 心が狭いんだろう。

 

 

そんな反省を 頭でくりひろげながら

御言葉が 心に浮かんだ。

 

「子供の話も よく聞いてあげなさい。

子供に 本当に よく接してあげなさい。

 

許してあげ いつも愛で 接してあげてね。」

 

テーブルの上を ふと見ると

紙が1枚 あった。

 

よつばの マンガの原稿だった。

 

 

おかあさんを 笑わせたくて

ブログにのせるマンガを

一生懸命 描いてくれていたんだ。

 

 

テーブルの上の原稿が

よつばの気持ちを 話してくれた。

 

 

子にも ちゃんと 事情があるんですね。

母は ちゃんと 分かってあげないとですね。

 

 

手抜き弁当も おいしいと言ってくれて

ひとりで しっかり留守番して

できなかった分も 母の帰宅後に 完了させ

うさぎのマスコットも 手作りしてくれて

 

公園で集めたよつ葉を ドライフラワーにして(笑)

 

ほんとに いい子で

ほんとに カワイイ。

 

そこを ちゃんと見てあげないとですね。

 

 

母も 毎日 よくがんばってる。

おうちでがんばってる おかあさん達は

もっと もっと 大変ですよね (>_<)

 

だから 疲れるし 余裕なくなるし

イライラも しやすくなりますよね (>_<)

 

子も 自由を 思いきり楽しんで

羽目をはずすことも ありますよね (=_=)

 

そうそう あるある!

それが 「夏休み」ってもんですね(笑)

 

あまり 期待しすぎず 干渉しすぎず

ほどよく ゆるくが ちょうどいいのかも。

 

 

だらだら過ごしているように 見える時も

自由な時間の中で 自分をみつけて

 

実は すごい変化が 起きてるのかも。

 

 

大変なこともあれば 楽しさもいっぱい。

そして 成長もいっぱいの 夏休み☆

 

よしっ 最後まで!

楽しんでいこうねーーー (^o^)/

 

といいつつ すぐにヘタってしまう 母シロ。。

神様 応援 お願いしますっ (>_<)

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな珍客

よつばマンガ「小学生も、できるまであきらめない!?」

関連記事

  1. 「ここを直して」と言うのも、愛なんです。

    よつばが 作文を書きました。「ごはんと私」という題名でごはんがだいすきな気持ち…

  2. 何としても手を汚さずに作るハンバーグ

    私の作り置きおかずの定番の1つは…ハンバーグ(*´ω`*)家で作る方がしっかりお肉の…

  3. おかあさんメモ ~テストの点数~

    小学生も 高学年になると勉強の悩みも 多くなるようで「は~~~~…

  4. おかあさんメモ ~特別扱いはダメ?~

    私は「特別扱い」が 苦手です。自分が 特別扱いされるとうれしいよ…

  5. おかあさんメモ ~人のことを悪く言うと、子供が傷つく~

    最近 とっても 反省したことがあります。「人のいいところ いつも見てあげ…

  6. 不器用ママのふたり ~おたんじょうび~

    今日は とても大切なお友達のお誕生日です。ぺこちゃん お誕生日お…

  7. 絵本「だいじな おとしもの」

    小学5年生のよつばがこの夏 体験した少しせつない お話です。ーーーーーーーー…

  8. ゆるしの達人

    私は ゆるしの達人を知っています。文句ばかり 言う人に笑…

PAGE TOP