小学生が書く、母のトリセツ(取扱説明書)。

のんびり過ごせる 週末の土曜日。

 

母シロは お昼ごはんは 外食と決め

日中は ひたすら のんびりを満喫した。

 

小学生よつばは そんな母を見てか

なにやら せっせと書き始めた。

 

しばらくして 1枚の紙が 手渡された。

 

 

「ふふん おかあさんのトリセツだよ」

※トリセツ=取扱説明書

 

 

のんびりと決め込んだ心が ざわざわ。

うわ 何が書かれているのだ・・・・

 

ワクワク ヒヤヒヤ のぞいてみると

まず コレ。

 

いかにも リラックスがほしい人・・・

そうです そのとおりです(笑)

 

 

一人の時間 好きです。

家族の時間も いいもんです。

どっちも ほどよく いつも 機嫌よくを

日々 目指しております(実現はまだ)。

 

 

そうか 母のおなかの中には

こんな 個性派の役者たちが いたのか。

 

衝撃だ。 みんな ぜひ 働いてくれ。

 

体の中は こうなってるらしい。

なぞの「SIROちゃんワールド」に 人だかりが・・・

一体 どこから?(細胞たちか?)

 

「ふふん」と鼻で笑う母。 なぜかエラそうだ。

 

 

このコーナーに 一番 衝撃を受けた。

 

「だから よつばが まもる」

 

ほんとに その通り。

これまで たくさん 守ってもらった。

 

小さな手で やさしい言葉で えがおで

たくさん 助けてもらった。

 

この母にして この子アリ。

子どもは 神様からの 最高のギフトです。

 

 

そして 結論。

アメ細工・・・

大事にしないと すぐに折れちゃうイメージが

母にピッタリだそうです(笑)

 

子どもに こんなに心配されてるとは・・・

いやはや なんとも あはは(←笑うしかない)

 

 

 

週末の のんびりした時間に

「自分のトリセツを 子どもに書いてもらう」

 

結構 おもしろいですよ^^(ほんまに?)

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父のガン ~毎日の積み重ねが、先につながる~

0才児おでかけスポット~ららぽーと豊洲

関連記事

  1. おかあさんメモ ~人のことを悪く言うと、子供が傷…

    最近 とっても 反省したことがあります。「人のい…

  2. おかあさんメモ③ ~母チョコ、こどもチョコ~

    冬にかぎらず 2月にかぎらずチョコは 1年中 だいすきです。…

  3. かわいい 夏休みの工作

    小学4年生のよつば 工作が好きである。学校からも…

  4. ママと赤ちゃんにやさしい、北欧の暮らし。

    シロが よつばを出産したのは北欧の ちいさな町でした。&nb…

  5. 自分だけができること、やりたいな。

    よつばのクラスに教育実習の先生がやってきました。…

  6. こどもマッサージ屋さん

    わがやにはかわいいマッサージ師がいる。営…

  7. 【小さい頃の思い出】プールサイドから落ちた

    私が2〜3歳くらいの時に、とある事が起こりました。実家近くに変わった…

  8. こどもたちの「助けてあげたい」心

    夜 片付けが終わったあとに新聞を読むのが お楽しみ。&nbs…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

4人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP