イヤイヤ期との遭遇~保育士編~

恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

参考:it Mama

 

 

 

イヤイヤ期は、成長段階の通過点のひとつと言われていますが、最近2歳を迎えた子ども達(1歳児クラスで2歳になった子ども)がまさに!イヤイヤ期真っ最中なのです。

 

 

Kくんは、 片付けの時「イヤ!」と言ってどこか遠くへ遠ざかります。徐々にだったのが、今は顕著にあらわれているので、イヤイヤ期を過ごしているのだと思っています。

家でも、同じような態度があるとの事で、親御さんやKくんと一緒にイヤイヤ期を乗り越えていきたいです。

 

私は、一度「お片付けをしようね」と言ったあとは、強制的に片付けを促すのではなく、どのように行動するのかを見守っています。

 

 

Kくんの「片付けよう」と思い、自分から動くのを待ちたいからです。

 

 

Sちゃんは、機嫌よく遊んでいる時も「まめ~(だめ~)」と口癖のように、言うようになりました。特に、トイレに行くのを嫌がるようになりました。

 

 

イヤイヤ期は、”ある程度のことは、自分でできるようになりましたよ。だから、自分で考えたい”と教えてくれているサインだと思っています。

 

 

個人的には、自分でできることに対して、口出しすらされるのが、本当に嫌です。

 

 

自分で考えたものを実践できる達成感は、なんともいえません。

 

 

 

人に言われて行うより、自分からすすんで行った方が気持ちも違うし、覚え方も違ってくると思います。

 

 

 

大きく自信がつく感じです。

 

 

 

大人への階段を昇れた感覚です。一段だとしても、大きな一段です。

 

 

 

イヤイヤ期が過ぎた後の、子ども達の成長するであろう姿が楽しみです。

 

 

 

すんなり話を聞いてくれるようになるのか、こうしたいと自分の気持ちを言ってきてくれるのか、行動が意欲的になるのか、楽しみです。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

つるレモン
つるレモン
保育士@東京
dance/カメラ/簡単な手品/作る事/トマト/豆乳/文房具
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルな生活① 頭の中の片づけ方

シンプルな生活② 1つのことをていねいに

関連記事

  1. ほめられた時の返し方 10パターン(小学生女子の…

    小学4年生の よつばのクラスには女子が10人います。&nbs…

  2. 「がんばってるね」

    夏の暑い日 よつばと一緒に小学校に行きました。今日は担任の先…

  3. Here Comes The Sun

    私が 娘を産んだのは北欧の 小さな町でした。…

  4. 本番では、親が泣く。

    摂理の子供たちにバトンを教えてきて5年近く、いくつか大きな発表会も経…

  5. 永遠に消えないしるし

    何かをメモしたいけど手元にすぐ紙がないとき私は未だに小学生のごとく「…

  6. 「やくわり」のちから

    子供たちにダンスを教える中でひとつ、気付いたことがありま…

  7. 相手のできない所より、「できない事情」を見てあげ…

    自分が だれかに なにかお願いしてなかなか 返事がなかったり…

  8. 子育てのスランプ=ターニングポイント!?

    こどもの成長は 著しい。身長も 運動神経も 興味もぐんぐん変…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

4人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP