イヤイヤ期との遭遇~保育士編~

恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

参考:it Mama

 

 

 

イヤイヤ期は、成長段階の通過点のひとつと言われていますが、最近2歳を迎えた子ども達(1歳児クラスで2歳になった子ども)がまさに!イヤイヤ期真っ最中なのです。

 

 

Kくんは、 片付けの時「イヤ!」と言ってどこか遠くへ遠ざかります。徐々にだったのが、今は顕著にあらわれているので、イヤイヤ期を過ごしているのだと思っています。

家でも、同じような態度があるとの事で、親御さんやKくんと一緒にイヤイヤ期を乗り越えていきたいです。

 

私は、一度「お片付けをしようね」と言ったあとは、強制的に片付けを促すのではなく、どのように行動するのかを見守っています。

 

 

Kくんの「片付けよう」と思い、自分から動くのを待ちたいからです。

 

 

Sちゃんは、機嫌よく遊んでいる時も「まめ~(だめ~)」と口癖のように、言うようになりました。特に、トイレに行くのを嫌がるようになりました。

 

 

イヤイヤ期は、”ある程度のことは、自分でできるようになりましたよ。だから、自分で考えたい”と教えてくれているサインだと思っています。

 

 

個人的には、自分でできることに対して、口出しすらされるのが、本当に嫌です。

 

 

自分で考えたものを実践できる達成感は、なんともいえません。

 

 

 

人に言われて行うより、自分からすすんで行った方が気持ちも違うし、覚え方も違ってくると思います。

 

 

 

大きく自信がつく感じです。

 

 

 

大人への階段を昇れた感覚です。一段だとしても、大きな一段です。

 

 

 

イヤイヤ期が過ぎた後の、子ども達の成長するであろう姿が楽しみです。

 

 

 

すんなり話を聞いてくれるようになるのか、こうしたいと自分の気持ちを言ってきてくれるのか、行動が意欲的になるのか、楽しみです。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

つるレモン
つるレモン
保育士@東京
dance/カメラ/簡単な手品/作る事/トマト/豆乳/文房具
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルな生活① 頭の中の片づけ方

シンプルな生活② 1つのことをていねいに

関連記事

  1. こども先生に学ぶ*「家庭の平和を、私はえらぶ!」…

    むすめのよつばは 小学6年生。欲しいもの やりたいことが毎日…

  2. 子供達が野菜を食べられたお話し

    我が家の朝は、長男クマキとクマパパが7:30ごろに出て行きます。その…

  3. クマキと子育て3 プレ幼稚園

    長男クマキが、誕生日を迎えて2歳になり、次男のクマオは、3ヶ月になりました。…

  4. 子どもの苦手のためにできること

    運動が苦手な子 片づけが苦手な子じっとしているのが苦手な子・・・…

  5. ママと赤ちゃんにやさしい、北欧の暮らし。

    シロが よつばを出産したのは北欧の ちいさな町でした。&nb…

  6. Here Comes The Sun

    私が 娘を産んだのは北欧の 小さな町でした。…

  7. おかあさんメモ ~夏休みのこどもにイライラしたら…

    夏休みは 子供たちのパラダイス!小学5年生のよつ…

  8. ずっとたいせつな、保育園の連絡帳。

    ずっと しまっておいたものがあります。よつばが1歳の時に通っていた…

PAGE TOP