同居生活がすこしラクになるコツ

15年間 主人と 娘と 暮らしてきました。

今は 主人は 単身赴任で

主人のお父さんと 娘と 暮らしています。

お父さんは このおうちで

何十年間も 暮らしています。

お父さんの 居心地のいい空間が

私も 居心地いいとは 限らず

お父さんが 私に期待することを

私も 快くできるとは 限らず

毎日 たくさんの時間

お父さんのことを 考えています。

テレビの前で 1日を過ごす お父さん

今も 自営業で働く 両親

節約家の お父さん

よくごちそうしてくれる 両親

食後 食器を運ばない お父さん

自分の食器は 自分で運ぶ 両親

私は よく お父さんと

私の両親を 比べています。

両親と暮らしていたら

もっとラクだろうなって

思うことが よくあります。

そして 両親のように

お父さんを だいじに思えない

自分に うしろめたさを感じます。

お父さんは 確かに お父さんだけど

私の「実のお父さん」とは 違う人です。

でも「お父さん」という言葉が

二人を 結びつけてしまって

知らないうちに 同じものを 

求めていたのかもしれません。

今朝 そのことに気づきました。

そこで ためしに

「お父さん」と 思わずに

「山田 太郎さん(仮名)」と

思うのは どうだろう。

「お父さん」と思うから

「嫁として こうせねばならない」に

縛られてしまうのかもしれません。

「お父さん」と「嫁」 よりも

太郎さんと シロさん なんだ。

個性も 生活も 好みも

ちがって 当たり前。

ちがったままで いいんだ。

そう思うと すこし

心が ラクになりました。

こうやって 一歩ずつ 

同居生活を 楽しくする方法

見つけている 主婦シロです (^-^)

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

否定ばかりの自分を直したい時に☆やってみたい5つのこと

繊細さんが楽しく生きるために必要な3つのもの

関連記事

  1. 苦手な人がそばにいるのは

    振り返ると どの時も自分にとって 苦手な人は近くに たいて…

  2. 意外と心に効く!?夫の言葉「わざとじゃないんやか…

    こどもは まだ手先が 器用でない。こども…

  3. おとうさん、おめでとう^^

    おとうさんのお誕生日の日。よつばは熱を出していたのでおうちでささやか…

  4. 10年かかった 主人の変化

    主人のことで ずっと悩んでいたことがあります。仕事での人間関係です。…

  5. 笑顔スイッチ☆

    あそぶ時も、おしゃべりする時も、笑う時も、何かがんばる時も、全力を出して楽…

  6. 小学生のわくわくアンケート☆

    荷物を整理していたら、小学校でもらった資料がひょっこり出てきました。…

  7. しあわせのおすそわけ

    職場でかわいいおみやげをいただきました。とぼけた感じのうなぎが、なんともいい…

  8. 主人の手を握って

    主人と、娘と、私。娘を真ん中にして、川の字になって寝ています。&nb…

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP