大人が忘れてしまったこと

よつばが 理科の工作でつくった 電気スタンド。

つばさのついた 天使の輪っかのついた(笑)

かわいい すてきな作品。

 

こどもの心は ふわふわ軽い。

まるでつばさをつけているように

ふわふわ 自由に飛んでいきます。

 

よつばが こう言いました。

「私 もし魔法をつかえるなら

空をぐんぐんのぼって 雲の上でお昼寝して

自由気ままに すごしてみたいな」

 

地上の世界から すぐに飛び出せる

すてきな世界へ すぐに飛び込める

自由な キラキラした心。

 

こどものころは 知らないことがまだまだあって

自分の知らない世界 まだ見ぬ将来の自分に

思いをはせて 胸をワクワクさせてたな。

 

大人になって できることが どんどん増えて

やらないといけないことが どんどん増えて

地面の世界ばかり 見るようになりました。

 

地面の上に広がる 自由な世界へのあこがれ

いつから 忘れてしまったんだろう。

 

忘れてしまった私のとなりに この子がいる。

心につばさをつけて 自由に飛び回って

すてきな世界を 私に教えてくれる。

 

こどもは 神様からのプレゼントですね。

大人の私たちが 忘れてしまったこと

もう一度 思い出せるように。

 

失敗して 挫折して 夢をもつこと あきらめて

ただ問題なく過ごすことばかり 考えて。

地面ばかり 生活ばかり 見ている大人たちに。

 

おかあさんも あなたのように

地面から飛び出して 自由な すてきな世界 見てみたい。

よつばが教えてくれました。

「自分のやりたいことを いっぱい考えたら

すてきな世界に すぐにいけるよ。」

 

ずっとあきらめていた 「自分のやりたいこと」。

もう あきらめなくっていい。

だって そばに神様がいるんだもん。

ちゃんと願いを聞いて 助けてくれるもんね。

 

魔法のように すぐにじゃないけど

毎日コツコツ いっしょにがんばってやれば

ちゃんと 願いはかなうもんね。

 

夢をもつこと 希望をもつこと 思い出そう。

あなたのように つばさをつけて。

あなたのように 希望の光をつけて。

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かみさまのもとへGO♪

点検したら、「私のせい」でした

関連記事

  1. こどもに心配される母 ここにアリ。

    よつばとシロ 一見どこにでもいる親子だがちょっと 変わっているかもしれない。…

  2. ふわふわ小物で、娘の冬支度

    空気が冷たくなってきました。クローゼットの奥から冬物を出してきて懐かし…

  3. 娘とゴミ拾いした日曜日

    今日は娘と、ある約束をしていました。それは、道のゴミ拾い☆…

  4. できないから 神様といっしょに 生きるようになる…

    娘は、お友達と遊ぶのが大好きです。元気いっぱい過ぎて、羽目をはずすこともし…

  5. こどもと一緒に☆ちいさな「新しいこと」をやろう

    小学校も春休みが始まりました。元気いっぱいな娘と、1日ずっと一緒に過ご…

  6. “ルームシェア”と…

    続きを作るつもりはなかったけど、できてしまったのでww言わないと分か…

  7. よそ見せず、目の前の人だけを見て☆

    娘がいとことSkypeをしていた時のこと。娘が会話の途中で、ちがうお友達へ…

  8. おかあさんのしごと

    娘の宿題の時間。私はとなりで、問題を言う係です。娘はいつもより集中して、宿…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

3人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP