大人が忘れてしまったこと

よつばが 理科の工作でつくった 電気スタンド。

つばさのついた 天使の輪っかのついた(笑)

かわいい すてきな作品。

 

こどもの心は ふわふわ軽い。

まるでつばさをつけているように

ふわふわ 自由に飛んでいきます。

 

よつばが こう言いました。

「私 もし魔法をつかえるなら

空をぐんぐんのぼって 雲の上でお昼寝して

自由気ままに すごしてみたいな」

 

地上の世界から すぐに飛び出せる

すてきな世界へ すぐに飛び込める

自由な キラキラした心。

 

こどものころは 知らないことがまだまだあって

自分の知らない世界 まだ見ぬ将来の自分に

思いをはせて 胸をワクワクさせてたな。

 

大人になって できることが どんどん増えて

やらないといけないことが どんどん増えて

地面の世界ばかり 見るようになりました。

 

地面の上に広がる 自由な世界へのあこがれ

いつから 忘れてしまったんだろう。

 

忘れてしまった私のとなりに この子がいる。

心につばさをつけて 自由に飛び回って

すてきな世界を 私に教えてくれる。

 

こどもは 神様からのプレゼントですね。

大人の私たちが 忘れてしまったこと

もう一度 思い出せるように。

 

失敗して 挫折して 夢をもつこと あきらめて

ただ問題なく過ごすことばかり 考えて。

地面ばかり 生活ばかり 見ている大人たちに。

 

おかあさんも あなたのように

地面から飛び出して 自由な すてきな世界 見てみたい。

よつばが教えてくれました。

「自分のやりたいことを いっぱい考えたら

すてきな世界に すぐにいけるよ。」

 

ずっとあきらめていた 「自分のやりたいこと」。

もう あきらめなくっていい。

だって そばに神様がいるんだもん。

ちゃんと願いを聞いて 助けてくれるもんね。

 

魔法のように すぐにじゃないけど

毎日コツコツ いっしょにがんばってやれば

ちゃんと 願いはかなうもんね。

 

夢をもつこと 希望をもつこと 思い出そう。

あなたのように つばさをつけて。

あなたのように 希望の光をつけて。

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かみさまのもとへGO♪

点検したら、「私のせい」でした

関連記事

  1. どうしてゲームはダメなの?

    ゲーム機に向かってピコピコとゲームに夢中になっている子を見るとなんだかさみしい気持ちになります。…

  2. 小学1年生の授業参観、おもしろい・・・

    昨日は、小学1年生の娘の、最後の授業参観でした。最後の授業のテーマは「1年間でここまで大きくなっ…

  3. こどもとメニューをえらぶ時

    おかあさんと、ちいさな子。お店でメニューを選ぶときおかあさんはこう聞きます。「何がたべたい?」ひとり…

  4. とても励まされた 母のひとこと

    引っ越しの日がやってきました。夜はすぐにねむたくなってしまう私は、早朝に起きて最後の片付けの総仕…

  5. 「よくがんばったね」

    こどもにも、おとなにも心にずっと残っていることばがあります。忘れられない、宝…

  6. 摂食障害だった娘に、母がかけてくれた言葉。

    摂食障害で 悩んでいた頃がありました。「妊娠して摂食障害になった-食べることがつらかった時」…

  7. 娘のうた☆「いつも毎日楽しいね♪」

    夜、こっそり心の中でお祈りしていた時に、娘がそそくさと、私の前に台を持ってきて言いました。「さ…

  8. おじいちゃん、がんばってるね

    主人のお父さんは、ひとり暮らしをしています。手先が器用で、工作と魚釣りが得意なおじいちゃん。娘も、私…

PAGE TOP