大人が忘れてしまったこと

よつばが 理科の工作でつくった 電気スタンド。

つばさのついた 天使の輪っかのついた(笑)

かわいい すてきな作品。

 

こどもの心は ふわふわ軽い。

まるでつばさをつけているように

ふわふわ 自由に飛んでいきます。

 

よつばが こう言いました。

「私 もし魔法をつかえるなら

空をぐんぐんのぼって 雲の上でお昼寝して

自由気ままに すごしてみたいな」

 

地上の世界から すぐに飛び出せる

すてきな世界へ すぐに飛び込める

自由な キラキラした心。

 

こどものころは 知らないことがまだまだあって

自分の知らない世界 まだ見ぬ将来の自分に

思いをはせて 胸をワクワクさせてたな。

 

大人になって できることが どんどん増えて

やらないといけないことが どんどん増えて

地面の世界ばかり 見るようになりました。

 

地面の上に広がる 自由な世界へのあこがれ

いつから 忘れてしまったんだろう。

 

忘れてしまった私のとなりに この子がいる。

心につばさをつけて 自由に飛び回って

すてきな世界を 私に教えてくれる。

 

こどもは 神様からのプレゼントですね。

大人の私たちが 忘れてしまったこと

もう一度 思い出せるように。

 

失敗して 挫折して 夢をもつこと あきらめて

ただ問題なく過ごすことばかり 考えて。

地面ばかり 生活ばかり 見ている大人たちに。

 

おかあさんも あなたのように

地面から飛び出して 自由な すてきな世界 見てみたい。

よつばが教えてくれました。

「自分のやりたいことを いっぱい考えたら

すてきな世界に すぐにいけるよ。」

 

ずっとあきらめていた 「自分のやりたいこと」。

もう あきらめなくっていい。

だって そばに神様がいるんだもん。

ちゃんと願いを聞いて 助けてくれるもんね。

 

魔法のように すぐにじゃないけど

毎日コツコツ いっしょにがんばってやれば

ちゃんと 願いはかなうもんね。

 

夢をもつこと 希望をもつこと 思い出そう。

あなたのように つばさをつけて。

あなたのように 希望の光をつけて。

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かみさまのもとへGO♪

点検したら、「私のせい」でした

関連記事

  1. 忘れてしまう・・・そんなときは

    そのときは「よしやるぞ!」と心に決めても他のことをやっているうちに ぼや…

  2. きょうは運動会☆

    きょうは小学校の運動会☆ 真っ青な、きれいな空の朝です。週間天気予報では…

  3. おやつの時間 ~こどもがくれるおやつ~

    娘よつば、小1から書道に通っています。書道の後には、いつも飴ちゃんの…

  4. 「お母さんに いつも元気でいてほしいんだ^^」

    先日、娘がこう言いました。「お母さんに、いつも元気でいてほしいな。お母さ…

  5. “ルームシェア”と…

    このシリーズ、3で終わりにしようと思っていたのですが、、ネタが尽きないのでま…

  6. ヘレン・ケラーってすごい!

    娘が 突然こう言いました。「ヘレン・ケラーってすごいよね!」小さな時に病に侵…

  7. つらい時も、ゆっくり癒されていく。

    部屋の中にある 家具や小物たち。1つ1つが かぞくの記録です。…

  8. 自分のすべきことをしながら待つこと

    3月15日の日記で、娘が雪山にはまって長靴がとれなくなってしまったことを書…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

4人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP