いじめの言葉を聞くだけでも

こどもは、とても脳がやわらかです。

吸収する力も、影響を受ける力もすごいです。

 

ある日、よつばが図書で「いじめの本」を借りてきました。

ある女の子が、クラスでいじめを目撃します。

ちいさな1つから、どんどん膨らんでいくいじめ。

エスカレートしていくいじめの言葉を読むと

おとなの私も、心がとてもつらかったです。

 

よつばは熱心に何度も読みました。

なんだか表情が、暗くなった気がしました。

 

おともだちとごっこ遊びをしている時、異変に気づきました。

いつもは明るい楽しい会話が聞こえてくるのに

よつばの口から、荒っぽい言葉が聞こえたのです。

おともだちも、私も戸惑いました。

 

一番戸惑っていたのは、よつば本人だったかもしれません。

 

よつばと相談して、「いじめの本」を読むのを止めました。

 

神様が御言葉で教えてくれました。

「脳に<悪いもの>は一切いれてはいけない。

幼い人の脳に<何でも>入れてはいけない。

聞くだけでも、見るだけでも、その影響は大きいのだ。

だからいつも<いいもの>だけを見て、聞いて、考えなさい。」

 

いじめを真剣に考えて読んでいても

何度も何度も「いじめの言葉」を読んでいると

いつか脳にしみついてしまうんだ。

 

こどもの脳は、とても繊細で、敏感なんだ。

 

おかあさんが、ちゃんと守ってあげないといけない。

こどもの脳に<いいもの>だけが入るように

<悪いもの>が入ってこないように。

 

こどもを育てるって、ほんとに重大な責任ですね。

神様に1つ1つ教えてもらって

こどもたちを正しく、だいじに育ててあげたいです。

 

まだ小学生のよつばには、明るい、たのしい

心がハッピーになる言葉をいっぱいあげよう。

<いいもの>が心に満ち溢れるように☆

 

 

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森からの主の便り*

大切な、短いえんぴつ

関連記事

  1. それで ええんやで

    関西に住んでいる 父と母が5月の連休に 遊びに来てくれました。&nb…

  2. 夫からの うれしいプリン

    ただいまよつば インフルエンザ中。予防接種を受けても かかるときはかかり…

  3. 主人の手を握って

    主人と、娘と、私。娘を真ん中にして、川の字になって寝ています。&nb…

  4. “ルームシェア”と…

    続きを作るつもりはなかったけど、できてしまったのでww言わないと分か…

  5. お姉ちゃんからのお年玉

    私の夢には、父と、母と、2人の姉がよく出てきます。20年近く、ずっと離れて…

  6. こどものカメラ 

    こどもの視線って おもしろい。道のずっと向こうだけを見て…

  7. おばあちゃんのおかき

    大好きなおばあちゃんから、メールが届きました目が悪くて、手指も動かしにくい…

  8. 娘のジャンバーも、卒業式

    娘が4歳の時に買った、白いフワフワのジャンバー。4歳から8歳まで、ずっとお気…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

3人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP