いじめの言葉を聞くだけでも

こどもは、とても脳がやわらかです。

吸収する力も、影響を受ける力もすごいです。

 

ある日、よつばが図書で「いじめの本」を借りてきました。

ある女の子が、クラスでいじめを目撃します。

ちいさな1つから、どんどん膨らんでいくいじめ。

エスカレートしていくいじめの言葉を読むと

おとなの私も、心がとてもつらかったです。

 

よつばは熱心に何度も読みました。

なんだか表情が、暗くなった気がしました。

 

おともだちとごっこ遊びをしている時、異変に気づきました。

いつもは明るい楽しい会話が聞こえてくるのに

よつばの口から、荒っぽい言葉が聞こえたのです。

おともだちも、私も戸惑いました。

 

一番戸惑っていたのは、よつば本人だったかもしれません。

 

よつばと相談して、「いじめの本」を読むのを止めました。

 

神様が御言葉で教えてくれました。

「脳に<悪いもの>は一切いれてはいけない。

幼い人の脳に<何でも>入れてはいけない。

聞くだけでも、見るだけでも、その影響は大きいのだ。

だからいつも<いいもの>だけを見て、聞いて、考えなさい。」

 

いじめを真剣に考えて読んでいても

何度も何度も「いじめの言葉」を読んでいると

いつか脳にしみついてしまうんだ。

 

こどもの脳は、とても繊細で、敏感なんだ。

 

おかあさんが、ちゃんと守ってあげないといけない。

こどもの脳に<いいもの>だけが入るように

<悪いもの>が入ってこないように。

 

こどもを育てるって、ほんとに重大な責任ですね。

神様に1つ1つ教えてもらって

こどもたちを正しく、だいじに育ててあげたいです。

 

まだ小学生のよつばには、明るい、たのしい

心がハッピーになる言葉をいっぱいあげよう。

<いいもの>が心に満ち溢れるように☆

 

 

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。10歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森からの主の便り*

大切な、短いえんぴつ

関連記事

  1. 片づけイライラ・・・

    好奇心いっぱいの娘、よつば。思いつくままにいろいろ出してきて部屋中に折り紙、人形、本、かばん・・・散…

  2. 小学2年生のむすめに 気を揉みます・・・

    最近、娘のことで気を揉むことが多いなぁ・・と感じます。娘は小学2年生。自分の考えがしっかりして…

  3. 自分をゆるめて、相手に近づいて

    今日の朝ごはんは、パンとフルーツとヨーグルト。娘のよつばはヨーグルトの味が苦手でいつもジャムソースを…

  4. ばぁちゃんの「変なカタカナ」語録

    もう80を過ぎるうちのばぁちゃんは、愉快でおしゃべりでとっても元気。帰省した時に会いに行くと、い…

  5. いってらっしゃい☆

    朝の時間は 慌ただしい。部屋のカーテンを開けて 大きな空を見て朝の日射しから 力をもらいます。…

  6. おとうさん、おめでとう^^

    おとうさんのお誕生日の日。よつばは熱を出していたのでおうちでささやかなお祝いをしました。…

  7. すてきな約束の指輪

    神様は、私たちのために地球をつくってくれました。そして、私たちの霊のために天国もつくってくれ…

  8. 片づけない娘

    わが家のテーブルは、よく散らかっています。よつばのぬいぐるみ、鉛筆、書きかけの絵・・・たまに…

PAGE TOP