片づけない娘

わが家のテーブルは、よく散らかっています。

よつばのぬいぐるみ、鉛筆、書きかけの絵・・・

たまに靴下とかのっかっています(なんで?)

 

やりっぱなし、出しっぱなし、散らかしっぱなし。

片づけせずに、ぴゅーっと何処かへ行ってしまう。

 

「これ片づけて」とお願いしても

「うん」と言って、やる気配はまったくなし。

 

はあ・・・ こどもを見てため息をつく時、

神様から見て、自分もそうなんだって

教えてもらっているんだと、思うようになりました。

 

「なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。」

御言葉を学び始めて、私の心に、いちばん深く刺さった聖句です。

 

人のまちがいより、まず自分のまちがいを見て、直すこと。

神様が教えてくれた、大切な御言葉。

 

私がお願いしても、やってくれない娘を見て

神様がお願いしても、やっていない自分が見えました。

 

1つ1つ、欠かさずお祈りすること。

御言葉を読み返すこと。

運動しっかり、健康管理すること。

あきらめないこと。

心がいつも喜んでいること。

 

御言葉で、私に何度もお願いしてくれたのに

しっかり最後までできずにいました。

「神様のお願い」が、ほったらかしになっていました。

 

「神様のお願い」を「自分が行なう」ことで

スッキリ片づくんですね。

 

おかあさんが、まずはしっかり片づけの名人にならないとね!

こどもを通して、今日も学んだ母シロです。

 

しばらくすると、テーブルがスッキリしていました。

いつの間にか、よつばが自分で片づけていました。

 

よつばに任せた、テーブルの上の片づけ。

ちゃんと自分でやってくれると、こんなに助かるんだ。

こんなに、うれしいんだ。

 

「ありがとう。 おかあさん、すっごい助かったよ。」

そう言うと、よつばも顔がゆるみました。

 

神様にお願いされた、だいじなお仕事。

おかあさんも、忘れずしっかりやっていこう☆

 

神様のうれしい顔、見たいもんね^^

 

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摂理の「壮年部」って、なんだろ?

思い出をいっぱいにして

関連記事

  1. ぎゅっとしてほしい時

    娘が「さみしくなったからぎゅっとしてほしい」とある日、私のところに来ました。昔はよく、小さな娘…

  2. ちょっとおかしい、娘のカタカナ

    娘よつば、ただいま育ちざかりの8歳です^^はじめて目にしたり、耳にすることばもいっぱい。新し…

  3. もらい笑い もらい泣き

    朝ごはんの時間 カットしたオレンジが主人の手から ポロリと落ちた。よつばが …

  4. よつばとおじいちゃん

    主人のお父さんは、関西でひとり暮らし。よつばのだいすきな、おじいちゃんです。…

  5. 「茶色の小びん」のような娘

    娘が部屋で、ピアノを弾いています。なつかしい音色・・・「茶色の小びん」です。ふしぎな ふしぎな 茶色…

  6. 子どもの苦手のためにできること

    運動が苦手な子、片づけが苦手な子、じっとしているのが苦手な子・・・どんな子も1つはある、「苦手」。苦…

  7. 時間を守ると いいことある☆

    「おなかすいた~」が口グセの 成長期・よつば。飴ちゃんもポイポイ食べて 虫歯3本できました (-…

  8. たまにハッとする、主人のヒトコト④「一度死んだ人生やから」

    2011年3月の あの日東日本大震災でたくさんのものが 壊れてたくさんの生活…

PAGE TOP