親子でいっしょに☆ほっとドリンク

雪国のいなか町に住む シロとよつば。

1日中氷点下で 風もビュンビュン 雪まみれです(笑)

 

よつばといっしょに 凍えながら家に入ると

家の中も さ さむい・・・

 

母シロ 頭にぽわっと あることが浮かびました。

 

それと同時に よつばがこう言いました。

「おかあさんに 作ってあげたいものあるんだ☆」

 

そう言って 台所で ゴソゴソ カチャカチャ。

お湯をわかす音が やさしく聞こえてきました。

 

「よし できた☆」と よつばのいい声。

 

「おかあさんも 次 台所使っていい?」

「うん いいよ^^」

 

そして今度は シロがあるものを作る番。

レモン汁とお砂糖を カップに入れて

お湯を注いで・・・ できあがり^^

 

そして ふたりとも完成品を持って

「はい どうぞ☆」

 

よつばはシロに 梅こぶ茶と お手製のマカロンクッキーサンド。

シロはよつばに ホットレモンと 手作りのクッキー。

 

ふたりとも 自分のよりも 相手のものを先に作って

ふたりで見合って わらっちゃいました。

 

マカロンとクッキーの間には ピーナッツクリームが!

これもふたりで 半分こ。

 

相手のことを 先に思えるようになったのも

ふたりでいっしょが うれしいと思えるようになったのも

ほんとに 御言葉のおかげです。

 

神様に 愛を教えてもらったおかげです。

 

まだまだ 足りなさいっぱいの母シロですが

前よりずっと よくなってきました。

 

前よりずっと しあわせです。

 

神様と一緒の生は 「よくなるしかない生」だって

日を重ねるほど 実感します。

 

その実感が この世界にいっぱい広がりますように。

 

ほんとのしあわせが みんなの心に 花咲きますように^^

 

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いちご」の発音が違う県民

靴の中の招かざる「お客さん」が教えてくれたこと

関連記事

  1. こどもと一緒に☆ちいさな「新しいこと」をやろう

    小学校も春休みが始まりました。元気いっぱいな娘と、1日ずっと一緒に過ご…

  2. ダメだと思う時に読んでほしい、たった1つのこと

    東北のいなか町に住む主婦、シロ。実は最近、家出をしようとしました。仕事が忙し…

  3. がんになった友人に 会いに行きました。

    ある土曜日の朝 家族3人で飛行機に乗ってある町の大きな病院に行きました。…

  4. 父のガン ~毎日の積み重ねが、先につながる~

    今日 うれしい知らせが ありました。今年の夏に …

  5. ごめんね

    昨日の夜、娘と主人がおなかが空いたということで軽めの夜食を作ってあげました…

  6. まずは 認めてあげることが大事です。

    どんな人も かんぺきな人っていなくてみんな なにか1つは 直すべきことを…

  7. 1日のスタートは自転車通勤で

    10月から始めた、毎朝の自転車通勤公共交通機関がとても少ない私の町では自…

  8. 意外と心に効く!?夫の言葉「楽しみを持つことや」…

    関西育ち 体力には自信ないシロにとって雪国生活は けっこう身にこたえ…

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP