menu

京都大学からレシピ本!?

私は結婚してからの3年間、海外で生活していました。
そこで知り合ったお友達に、お料理をよく教えてもらいました^^

ブラジルのお友達からは、豆料理。
小豆も、ブラジルではお肉と一緒にスパイシーな
味付けでお料理されます。
日本のあんこの存在に、びっくりしていました(笑)。

タイのお友達からは、春巻き。
キャベツとニンジンを細~く千切りして、お砂糖たっぷり
ナンプラーも入れて炒めて、それを具材にして巻くんです。

中国のお友達からは、きゅうりをごま油とシンプルな
調味料で炒めるお料理を教わりました☆

本当に、1つ1つの国に、とても個性的で、おいしくて、
温もりを感じるお料理がたくさんあります。
同じ材料でもそうお料理するの!?という驚きも
世界のお料理の魅力の1つですニコ

ただ、日本で暮らしていたら外国の方と知り合って
レシピを教えてもらう機会もありませんよね (>_<)

でも、見つけました!!
なんと、京都大学の農学部・国際交流室から
とっても素晴らしいレシピ本が発行されていたんですき
しかも無料ダウンロードで手に入るんですよきき
ぜひこちらをご覧ください☆
http://www.fsao.kais.kyoto-u.ac.jp/?cookbook

日本を代表する大学、京都大学には、全世界あらゆる国から
留学生の方が学びに来られます。
京都大学では、国際交流の一環として、そんな留学生の方達を交えて
「世界の料理講習会」を開催!
世界27か国、100の貴重なレシピが集まったそうです☆

レシピを見ると、気になるお料理が目白押しです。
イラン、ミャンマー、ネパール、ケニア、ウイグル地区といった
本屋さんではそうそう目にしない国のお料理も紹介されています^^

この本のもう1つの魅力は、各国のレシピの最後に、
教えてくださった方達の紹介やお料理のエピソードがあるところ。

たくさんのレシピの1つ1つに、その方の思い出があって、
家族のぬくもりが込められていることを感じます。
とても大事な、たった1つのレシピ。

私も、外国で生活をしていた時に、言葉も文化も違う方達と
お料理を通じてとても仲良くなれました。

お料理って、お互いの心の距離を近づけてくれる、
人と人とをつなぐ力があるなって、思います。

世界のお料理を楽しみながら、その国の人達のことを思って、
色んな国の人達を、もっと近くに感じていけたらいいですね犬

日本にいても、素晴らしい世界のお料理を教えてくださり、
その国と、そこに暮らす人達のことをもっと身近に感じるように
働いてくださる神様の愛に、心から感謝します~☆

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

自分の心と行ないをチェックするには・・・こちらのブログ☆

女子力もメンタルも磨かれる☆摂理のCA・Lunaさんのブログ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP