menu

東北のおいしいもの☆姫子梨

自転車の通り道で、ずっと気になっていた駄菓子屋さん。

そのお店をちょこっと覗くのが、ひそかな楽しみです。

今日そのお店の前を通る時、店先にきれいな緑色の
果実たちが並んでいます。
洋梨のような、手のひらサイズの果実。
隣には「4こ 100円」と書かれたメモ。

この値段は、買うしかない! 主婦シロ、即決です。

厳選した4こを選んでお店に入ると
おばちゃんが階段からおりてきました。
駄菓子屋のご主人は、おばちゃんでした。

おばちゃんは私が手に取った果実を見て、「あら~」と一言。
「去年はおいしかったんだけど、今年のはあんまりでねぇ・・
でもたくさんもらったからお店に出したんよ。」

正直なおばちゃんに、心がホロリ。
「ぜひ買ってみたいです~☆」と言いました。

おばちゃんはそれでも申し訳なさそうな顔をして
「じゃあ一度食べて、おいしかったら買ってね」と言い、
果実を一切れ、シロにくれました。

「姫子梨っていうんだよ」

歯応えのよい、さっぱりとした味。
甘さはちょっと少なくても、本当においしく感じました。

おばちゃんの真心の味がしました。

100円玉を1枚渡して、おばちゃんに「ごちそうさまです」と
御礼を言うと、おばちゃんもにっこり笑ってくれました。

ずっと気になっていた駄菓子屋さんには、
こんな素敵なおばちゃんがいました。

この町の中にも、私の知らないところに
たくさんの素敵な人たちが生きている。
正直で、一生懸命で、笑顔がとても素敵な人たち。

直接おしゃべりすることはできなくても、その人たちを心で思います。

みんなもいつか、神様に出会うことができますように四葉のクローバー

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

体にやさしい フルーツとナッツのおくりもの 

こどもと一緒に☆「つまようじ」でクッキーづくり・レシピ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP