小学生のヒントの出し方 >ますます謎。

週末 よつばと主人が

にわかにクイズ大会を始めた。

 

「野球選手の出身地」当てクイズ。

小学生女子よつば 選手名鑑をもって

主人にたずねていきます。

 

「背番号○○ △△選手の出身地は?」

「ヒントちょうだい!」

 

主人のヒントコールに

よつば 鼻をフンとならします。

 

「えっとね~

ヒューヒューっ!! で コロコロ

ってかんじかな」

 

都道府県を当てるクイズに

いまだかつて

こんなヒントがあっただろうか。

 

ヒントは 分からない人を

答えに導いてくれる言葉ではないか。

 

ヒューヒュー? コロコロ?

分からないのに ますます謎を与え

ますます混乱させるとは・・・

 

先のクイズの存在感は消え去り

よつばのヒントを解くことが

新しい目的となってしまった。

 

お手上げの主人は よつばに

ヒントの解説を求めた。

 

「おっほん。

まず『ヒューヒュー!』は

『最高だね~ ヒューヒュー』で

『最高』の『さい』。

『コロコロ』はボール玉でしょ?

 

ということで『埼玉』でした~!」

 

たまげた。

まだ「コロコロ」の解説は 分かる。

でも・・・

ヒューヒュー → 最高 → さい。

こどもの世界は 異次元だ。

 

母シロ 呆然と聞く中

主人はなぜか 火がついたようで

「よし もういっちょう!」と

よつばに第2問を求めた。

 

第2問も たまげたヒントだった。

ヒントの解明に熱くなる主人に

また たまげた。

 

主人とよつばに 血のつながりを感じた。

 

親子って おもしろい。

 

異質なふたりを ながめながら

しみじみ思った 午後の時間でした。

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人を育てるために知っておきたい10か条

「がんばってるね」

関連記事

  1. 小学生のこどもを心配する親に、学校の先生が教えて…

    小学生の子をもつ 親は子供との距離感も まだつかめず&nbs…

  2. 冬のモノトーン生活と、キレイな花。

    灰色の くもり空。黒の コートやズボン。まっしろな 雪。…

  3. どんな「新しい」も、喜んでいこう

    使っていたランチョンマットが古くなってきたので新しいランチョンマットを買い…

  4. 人へのアドバイスは 自分に当てはまること

    人には言えるが 自分のこととなるとできない。そういうことが シロにはよく…

  5. 同じ立場で祈る

    小さい子供と一緒にいると、知らず知らずのうちに危険予測をするようになる。…

  6. 「咲」と、「笑」

    近所のちいさな女の子の名前は、咲ちゃん。「さき」と読むけど、「えみ」とも…

  7. シルバニアでお話づくり

    こんにちは(*・∀・*)ノ今回はシルバニアで、短いお話を…

  8. 主婦のつぶやき ~弱気をやっつけたい時~

    「体がつらくて 何もできない・・」日常生活で そ…

PAGE TOP