おじいちゃんの、あったかい電話。

小学生よつばは おじいちゃんがだいすきです。

 

関西でひとり暮らしのおじいちゃんが

さみしくないように

毎晩 寝る前に 電話をかけていました。

 

でも 毎日が むずかしい時もあります。

宿題が多かったり 友達と遊びつかれて

眠たくて 電話をかけない日が

しばらく続きました。

 

「おじいちゃんに 電話かけてみたら?」

母シロから よつばをプッシュ。

よつばは あまり乗り気でない顔で

「・・・わかった」と電話をかけました。

 

10日ぶりのお電話でした。

 

おじいちゃんの第一声は

「足の具合は大丈夫??」でした。

 

前回の電話で 足をねんざしたこと

ずっと 心配してくれていました。

 

ねんざは すっかり治っていましたが

おじいちゃんの思いは ずっと続いていました。

 

「なにかうれしいこと ありましたか?」

おじいちゃんがそう聞くと

いつもなら いっぱい話すよつばだけど

今回は「ないな~」のひとことだけ。

 

普段は 聞き役のおじいちゃんが

自分から いっぱい話してくれました。

 

よつばは「うん」「へ~」「いや」の

3つの単語を 言うだけです。

 

でも おじいちゃんの声は

ずっと あったかい声でした。

 

おじいちゃんが 最後に言いました。

「よつばの元気な声が聞けて

おじいちゃん とってもうれしいです!」

 

受話器からもれる おじいちゃんの声に

なみだが出そうになりました。

 

ごぶさたの電話でも

気のない返事でも

あくびをしちゃっても

 

電話をかけてくれたことが

おじいちゃんの よろこびでした。

 

きっと 神様の愛って

こういう愛なんですね。

 

どんなにちいさくても よろこんでくれる

ほんとうに おおきな愛。

 

もっと もっと

その愛に こたえていきたいです。

 

 

おじいちゃんにも 神様にも

元気な声 届けていきたいです☆

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。12歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「気にしやすい人」に教えたいこと

韓国の食品表示の見方☆~アレルギー表示

関連記事

  1. 悪いクセが出たときの オススメ対処法☆

    シロには 悪いクセがある。「心配しすぎ」…

  2. 水浸し。

    昨日、思わぬハプニングが突然やって来ました。それは洗濯が終わった後に…

  3. ハスキーボイスの悩みを解決した一言

    私はさっぱりした性格でよく男勝りだと言われたりしますが、その性格どおりと…

  4. マイナンバーが届いた♪

    噂の「マイナンバー」が、我が家にもついに届きました(^^)一生付き合…

  5. よつばマンガ「小学生の不満!先生に『なんで!?』…

    夏休み! お休みパラダイス!!!!のはずが・・・・・・・&n…

  6. よつばの負けず嫌いさがハンパない!!!

    みなさんこんにちは!よつばです☆彡今回は、よつばの負…

  7. No More 無知!おしゃれに失敗しない秘訣☆…

    動物にはなく人間に与えられた祝福は数えきれないほどありますが一つは、おし…

  8. 摂理小学生が泣いちゃったワケ・・・

    娘は、御言葉を聞くよりも、賛美の曲を聞きながら自分で考えてダンスするのが…

PAGE TOP