記録で記憶を残そう!フォトスタジオ撮影のススメ☆

先日、フォトスタジオで写真撮影をしてきました(*^^*)

 

スタジオで自分の写真を撮るなんて、ちょっと前までは就活用の写真くらいでした。

しかし最近は、転機があるごとに写真を撮るようになっています。

 

その時々でお気に入りの写真があるというのはなかなか良いです✨

 

写真という「記録」が残ることによって、

その時にあったできごとや、写真を撮ろうと思ったきっかけなど

「記憶」を思い出しやすくなるからです。

 

また、肉体は毎日年を取るわけで、若い時の姿の記録は写真でしか残せませんからね~!

 

とはいえ、何か特別な用途無しに自分の写真をフォトスタジオで撮りに行くのは、

最初は敷居高く感じていました。

でも、何度か行って雰囲気が分かった今では、「来たついでに寄っていこう」くらいのノリで行ってしまいます(笑)

 

抵抗を感じる人がいるのは、行ってみないとどんな様子なのかが分かりづらいためかもしれません。

 

一度行ってみたいな~と思われた方のために。

知れば行きやすく感じる、ちょっとしたポイントをお伝えします(^o^)/

 

◆オーダーの仕方は?

✨胸より上だけ取りたい時は「バストアップ」、頭から足まで撮りたい時は「全身」

✨手元に欲しい写真の数を伝える。2枚なら「2カット」。→何枚か撮った内の2枚を残してくれます。

✨用途は「プロフィール写真用」でいけます。

(HPに載せる写真なんです~☆という感じ。思いきってオーディション用とオーダーするのもあり。)

華やかめに、清楚な感じ、出したいニュアンスがあれば一緒に伝えるとよいでしょう☆

写真館によってはカット数などがコースによって決まっているところもあるので、事前に確認すると良いです。

 

◆自然な笑顔で撮るコツ

最初は、笑顔が固くてうまくニッコリできませんでした。

しかし写真を撮る方は慣れていて、おもしろいことを言って笑わせてきます(笑)

そうしているうちに緊張が解けて、リラックスしてきます(^^)

座って撮るか?立って撮るか?を聞かれることがありますが、リラックスできる方を選びましょう。

何より撮影を楽しむことが一番です

ただし大笑いしすぎると目が細くなってしまうので注意(* ̄ー ̄)

「笑う」より「口角を上げる」イメージです☆

 

撮った写真の中から気に入ったものを選んで終了です◎

(私はどれも同じに見えてしまうので…スタジオの人に一緒に選んでもらいます 😉 )

 

不思議なことに、同じ顔でも、どの角度から撮るかで印象が全然違うものです。慣れている人は自分のベスト角度を知っているらしい…!

満足度の高い写真を撮るのも、自分の顔をよく知ってこそ、なのかもしれません。

 

私がよくお世話になるのは、「スターメーカースタジオ」さん☆

1カット2000円と安く、データをすぐにくれるので、特に急いでいる時には重宝します♪♪オススメです✨

 

一度も行ったことないなんてもったいない!

スタジオ撮影に興味が湧いた方、ぜひぜひチャレンジしてみてください(*^^*)

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「チャチャルガン」の悟り

寒い朝のおべんとう

関連記事

  1. 落ち込んでいる時に、かけてくれた言葉。

    心が ずっと重たくて自分を励ます言葉も 出てこなくて笑顔ゼロ 前向きゼロ歩く…

  2. 私、ちゃんとしてますか?

    ずっと 「ちゃんと生きたい」と思っていました。「ちゃんとやってる…

  3. よつばマンガ「給食LOVE♡」

    みなさん こんにちは!!春夏秋冬 食欲モリモリ! よつばです(^0^)/…

  4. 考えを「掛ける」のが良い。

    鄭明析(チョンミョンソク)牧師はよく御言葉の中でこのようにおっしゃいます。「考え…

  5. 生活の中で、よろこぼう。

    おとなになって よろこぶことがヘタになったと 感じます。自分のす…

  6. 「私」に生まれて、よかった。

    1枚の紙も いろんな使われ方があって「美しい紙」もあれば「気づかれない紙」も…

  7. 朝起きたら すぐにやること

    朝の日射し。 スズメたちの声。まだ気持ちよさそうに寝ている よつば。…

  8. ベートーベンの心にさしこんだ光   「喜びの歌」

    娘が最近「伝記」に興味を持ち始めました。そんな娘に、主人が伝記の本をプレゼントしました。ヘレン・ケラ…

PAGE TOP