「はじめてのおかいもの」に見た、感謝の姿勢の見本

礼拝が終わった後、教え子ちゃんが私の所に来てくれました。

何やらとーっても嬉しそう☺

 

その手には、初めて見る小さなぬいぐるみがありました。

 

「見て見て!かわいいでしょ!」

と、見せに来てくれたのです。

 

手作り風の素朴なぬいぐるみ。

ぬいぐるみももちろんかわいかったけど、

小さなお母さんになってそのぬいぐるみのお世話をしているその子がとってもかわいかったです(*^^*)

 

詳しく聞いてみると、

そのぬいぐるみは、自分のお金で初めて買ったものだったのだそうです。

 

自分の条件でもらった対価だから、

いっそう大切に思う、その様子が見て取れました。

普段はどちらかというと照れ屋さんな子なのに自分から話しにきてくれたところを見ても、よほど嬉しいんだなぁというのが分かります☆

 

その様子を見て、

ああ私もこのようになろう、

と思いました。

 

神様の御言葉の通りに行って、

望むものを得たら

心から感謝を表現する。

 

そして、その喜びを絶対忘れずに、

存分に使って生きること。

 

対して、もらっているものに感謝することをいつの間にか忘れてしまっている自分。

 

祝福をあげる側の神様も、

愛するからあげたいけれど、もらう側の人間がどうせ忘れてしまうのなら、、

いくら愛の神様でもあげたくなくなってしまうでしょう。

改めなければいけないと思いました。

 

鄭明析(チョンミョンソク)先生が神様から宝のような御言葉をもらい続ける理由の1つは、

神様の前で幼子のような心で感謝と実践をされた方だからなのだなぁ、と

幼子を通して学んだ出来事でした(^-^)

 

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3分の1の時間は、充電して、準備して

摂理の「壮年部」って、なんだろ?

関連記事

  1. 神様の愛を“証明”するとしたら。

    大変なとき。困難な状況のとき。神様はどうして私をこんな状況に置くのだろう…

  2. 心当たりない 電気代の請求・・・

    昨日、こんなことがありました。前に住んでいた家の電気代の請求が来ました。…

  3. やる気スイッチ!

    同じ職場で働いている方がある日おもしろいことを教えてくれました。&n…

  4. スッキリ仲良くなる方法

    いっしょに暮らす家族も学校や職場で共に過ごす人たちも町の中で出会う人たちもみ…

  5. 小学生もできる!ペットボトルでマジック!?

    みなさーん! こんにちはーーー!!!なんとなんと…

  6. 心がワクワクするカレンダー

    去年の最後に、とってもすてきなカレンダーをプレゼントしていただきました。ヨー…

  7. よつばのクラブ 決まりました!

    よつばの学校では 4年生からクラブ活動がはじまります!よつばが1番やりた…

  8. 「ちょっとブレイク」の必要性

    お休みの日に ひさしぶりにひとりでちょっとお出かけしました。…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

4人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP