「アーメン」の感情を満足させる日本語を考える

宗教用語で世間一般的に知名度のある言葉は何かと言って挙げるならば、

「アーメン」かもしれない。

 

アーメンとはヘブライ語で、〈まことに,確かに〉を意味する言葉。私もそう思う、と同意を表す言葉だ。

祈りの最後にアーメンと言うことで、天の前で自分もその祈りに同意したことになる。

 

ポピュラーな賛美歌などでもともと耳なじみのある言葉だったので、信仰生活をする中で、周りや自分がちょくちょくアーメンと言う文化にはすっかり馴染んでいった。

 

そして、日常生活(会社)でも本当にその通りです、認めますと感じざるを得ないことを(上司とか同僚とかに)言われると、

思わず「アーメン!」と言ってしまいそうになるのだった。ヒヤヒヤf(^_^;

 

別に言っても問題はないのだが、

日本人は宗教に抵抗があったりなじみのない人が多いため、びっくりされてしまうかもしれない、

そんな懸念があるのだ。

たまにうっかり言っちゃうけど…笑

 

それで、同じ悩み(?)を持つ摂理の社会人たちで

「アーメン」と言いたい感情を満足させるような、

代わりになる日本語はないかと考えてみた☆

20151019_摂理女子の健康コラム②

結論、

これが一番近いのでは、となったのが、

 

「それな」

 

言いたいことは分かるが

軽すぎ!( ̄▽ ̄;)

でも、シチュエーションを仮想して実際に言ってみたところ、これが最も当てはまってしまったのだ。

日本語には、神様の考えの通りに、という思想の土台がないから、限界があるのかもしれない。

 

やっぱりアーメンの感情はアーメンでしか表せないなぁと思った(*´ω`*)

言葉に出さなくても心の中心で思い切りアーメンと叫ぶsakuでした☆

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心に決めたこと

東北のおいしいもの☆シュガープルーン

関連記事

  1. 向かい風も従えば追い風

    私が住んできた地域は、偶然ではありますが風の強いことで有名な地域ばかり。…

  2. 虹が見えるヒミツ。

    雨がしとしと ある秋の日。たまに晴れては また雨…

  3. 小学生よつばのイラスト日記「うんどう」

    「うんどうして ハジケテ!人生を HAPPYにする!…

  4. よつ葉のにがてな食べもの

    こんにちは、よつ葉です☆わたしは、ツナがにがてです。きゅう食の時、ツナサラ…

  5. よつば、ふしぎな奇跡2回目体験!!

    みなさん こんにちはーっ!!!よつば なんとなんと2回目の奇跡がおこ…

  6. おもしろい栗の食べ方

    田舎のおばあちゃんが届けてくれた栗をさっそく大きなお鍋で茹でたシロ。…

  7. 会話を楽しむには、その人と「同じ方向」を見て☆

    誰かと会話する時、自然に話が進むこともあれば、お互い何を話していいのか分か…

  8. 人にやさしくできないのは、どうして?

    だれかの一言や だれかの行動がなんだか すごく 気に障ってイ…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

4人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP