青森のりんごのものがたり 

おいしいりんごの季節になりました。

日本一のりんごの生産地、青森県では
毎日真っ赤に育ったりんごたちが
大切に摘まれ、出荷されています。

そんな青森のりんごのものがたり。

ずっと昔の、明治のころ・・・
宣教師の方が、青森にりんごを持って
やってきました。

最初は、たった3つのりんごから始まりました。

そのりんごが、少しずつ大きくなって、少しずつ増えて
青森にりんごの木がいっぱいになりました。

かわいい白い花、赤い実、いい香り。
みんなりんごが大好きになりました。

でも、いいことだけではありません。
1つのりんごには、たくさんの苦労が込められています。

虫の害、りんごの病気、台風の被害・・・

暴風で、収穫直前の実がほとんど落ちたこともありました。

ずっとずっと大事に育ててきたりんごの実。
あと少しで摘んであげるところだったのに
ボタボタと、地面に落ちていきます。

育ててきた主人は、何もできず、ただ手を合わせて
ボタボタと涙を落としました。

りんごが落ちる音は、主人の涙の音でした。

それでも、主人はあきらめず残った実を大事に摘んで
またりんごを育てるのでした。

 

主人は、愛ひとつで、りんごを作り続けました。
りんごは、希望の実となりました。

 

私たちも、地球という木で
神様に育てられているりんごのよう。

ずっと大事に、愛ひとつで育てられている実。

 

青森にいっぱい育つ りんごのように

愛と希望が ギュッとつまった 私たちの実も

いっぱい 大きく 育ちますように。

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東北女子大生発☆かわいいが止まらないキャンディ

きっとあしたは いい天気♪

関連記事

  1. 「冬」に勝利して過ごすために☆

    私がこの世で一番苦手なもの。ホラー映画、も捨てがたいけどやっぱり一番は 「寒…

  2. おかあさんへ

    よつばは 楽しいことがだいすきでいつも どんなことも 楽しんじゃいます。…

  3. いちばんとおい記憶

    おぼえていますか?はじめて 立てた日のこと。はじめて 目を開いた…

  4. 心にのこった、朝の詩

    朝、玄関に新聞をとりにいって読者の方が投稿された詩を読むのが日課です。ある日の詩が、心にのこりました…

  5. 小学生よつばが今してみたいこと~シリーズ1~

    みなさん こんにちはー(^ω^)今回は 「よつばが 今してみたいこと」につい…

  6. おやつの時間 ~主婦のオススメ☆コンビニおやつ~

    主婦シロ クッキーがだいすきである。ちいさい小皿にお気に入りのク…

  7. 1ひきのネコの夢

    夢の中で、1匹のネコを飼いました。小さな、白いネコでした。私はネコが好きだったけど、時々ひとり…

  8. 眠れない夜に

    眠れない夜に神様が私に手招きしてくれましたこんな夜はあな…

PAGE TOP