広島大学発☆ボランティアサークル

こどもたちをいっぱい楽しませてくれる
大学発こどもサークル、第一弾☆
今日は広島大学のボランティアサークル、
V-proさんをご紹介しますニコ

V-pro(Volunteer Promotion Committee)とは
広島大学ボランティア推進委員会のこと。
広大生が地域のこどもたちや高齢者の方達と触れ合ったり、
他大学のボランティア団体とも交流しながら、
元気いっぱい活動されています。
http://v-pro.hiroshima-u.ac.jp/~test/activity/kikaku/act.html

その活動実績を見て、驚きました!
こどもたちと関わる活動だけでも、すごいです。
1か所だけでなく、数か所の地域の児童センターに行って
こどもたちと一緒に遊んだり、宿題を見てくれたり、
図書館での絵本の読み聞かせ、スポーツボランティア、
夏休みの小学生たちとも一緒に過ごしてくれます。

メンバーはサポーターの方を含めて20名弱なのに、
これだけの活動をされてるなんて・・・
ひとりの娘を追いかけるだけでも必死の母・シロは、
広大生のパワーを感じるしかありませんき

V-proさんの活動風景の写真を拝見していると、
メンバーのみなさんも、こどもたちも、本当に楽しそう。

大変がっていない、一緒に楽しんでいる姿に、
こちらまで笑顔になってしまいます。

メンバーの方が、ボランティアについて、こう説明してくださっています。
「英語で<自発性>という意味を持つように、ボランティアは、
一人一人が社会のためにする自由な考えや行動です。
活動のジャンルも様々!
ボランティアは、無理なく、継続できる範囲で。
学業などやるべきことに支障が出たら、お互いによくありません。」

大変がらずに、自分もこどもたちも一緒に心から楽しむ秘訣は、
「自ら、自由に」「無理なく、できる範囲で」なんですね。

御言葉でも、こう教えてくださっています。
「神様は、人間にも、万物にも、<限界>を定められた。
 人間の考え、才能、技術、行なうことも、<限界>がある。

でも、人がその<限界>を超えて、不必要に努力し、労苦しても
うまくいかず、すべての労苦が無駄になってしまう。

<限界線>までやるだけでも、人間として十分「神」のように
生きることができる。」

広大生のみなさんにとっての学業とサークル活動も、
主婦シロにとっての家事とブログ活動も、
ちょうどいいバランスのところ、<限界線>までやってこそ、
うまくいくし、心から楽しめるんだなぁと感じます。

私はまだまだ<限界線>に到達できていないので、
到達できるようにこれからも挑戦を続けていきたいですニコ

いつも心が喜んで、楽しんでいけるように四葉のクローバー

広大生のみなさんの活動、これからも応援していきます^^

<追記>
摂理の農業人さんのブログ、「摂理の農業人」には
全国の大学の”農業サークル”をたくさん紹介してくださっています☆
ご家族とのほのぼの信仰生活も、とっても魅力的です。
ぜひ立ち寄ってみてください~^^
http://87268726.jugem.jp/

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

闘うお父さんのどら焼き

早稲田大学☆ひまわり子ども会

関連記事

  1. 寒い朝のおべんとう

    11月の朝、東北の町は冬の空気につつまれて雪がちらつく日も出てきました。…

  2. よつばのみことばマンガ☆「イエスさまってどんな人…

    あるところに ちいさなうさたんがいました。クリスマスの絵本に「イエスさま…

  3. 凧揚げ2019

    Happy New Year!あけましておめでとうございます(^○^…

  4. ちょっと遅めの書き初め。

    筆ペンで書いてみました。(毛筆)本来なら半紙…

  5. おすすめ絵本☆「だってだってのおばあさん」

    先日、「だってだってのおばあさん」という絵本を借りました。「100万回生き…

  6. おもしろい髪型になりました

    直毛、硬い、多い、3拍子そろった髪質のシロ。少し伸びるとずっしり重たくなって…

  7. よつば☆みことばクラブに通いたいな

    今日、学校のクラブに行きました。正直言って、そのクラブがあまり好きじゃありま…

  8. 生活レベルって、なにで決まるの?

    レベルの高い生活ってどんな生活だろう。生…

PAGE TOP