あんびるやすこさん☆

児童書作家のあんびるやすこさんをご存知ですか?
幼稚園や小学校低学年の女の子のお母さんなら
ご存じの方も多いはず☆

お料理をつくる女の子ふたりが主人公の
「ルルとララ」シリーズ、
仕立て屋のお仕事をする魔女の女の子が出てくる
「なんでも魔女紹介」シリーズ、
他にもいろいろ作品が出ていますニコ

女の子の心をくすぐる、かわいい絵。
小さな女の子が自分の手でお菓子や洋服を作り、
その作り方の説明もついているところ。
色んなお客様との出会いを通して、大切なことに
気づかせてくれるストーリー。

あんびるやすこさんの本には、魅力がいっぱいですはーと

そんな女の子に大人気のあんびるやすこさんは、
群馬県生まれで、東海大学文学部をご卒業とのこと。
その後は玩具の企画デザインなどもされたとか。
そして、児童書の創作活動を始められたそうです。

文学部を出て企画デザインをする美術系のお仕事を
されるなんて、なんだか自由で才能豊かで素敵だなぁと
思いました^^

学生時代に文学部で過ごされた時間、美術系のお仕事を
されていた時間が、今のお仕事に活かされているんですね。

そんなあんびるやすこさんが過ごされた、東海大学の
文学部には、とてもユニークな学科があるんです。
2001年に創設された、文芸創作学科です☆

小説、評論、詩、映像表現など、幅広い表現を学んで、
社会に通用する表現力や文章力を身につける学科。

教えてくださるのは、文学や映像分野の第一線で活躍中の
方達ってところも、かなり魅力的ですね~き
作家の他にも、詩人、俳人の先生もいらっしゃいます!

学科内でフィルムフェスティバルを開催したり、学生さんが
創作した作品の発表会があったりと、実践的なイキイキした
空気を感じます^^

大学生の頃って、とっても多感で、可能性がいっぱい!
だからこそ、この時に全力を注いで何かに打ち込んだ時、
ものすごい作品ができるんじゃないかなぁと思うんです。
たとえ完成できなくても、その挑戦が、本当に大きい。
その挑戦が、自分を大きく強くして、必ず、次につながるから。

今、児童書作家として活躍されているあんびるやすこさんも、
東海大学の文学部で過ごした時間が、今の作品にきっと
つながっているんだろうなぁと思います。

今、大学で日々創作活動に励む学生さん達が、
思いっきり挑戦して、思いっきり表現して、自分だけの
かけがえのない作品に出会えることを願ってます☆

そして、子供達の心をワクワクさせてくれるような、
疲れた心をそっと慰めてくれるような、
不安な心に力を与えてくれるような、
生きていてしあわせ、と感じさせてくれるような、
愛でいっぱいの作品を作ってくださることを願ってます四葉のクローバー

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奇妙な南国フルーツの悟り

コンサートの夜に

関連記事

  1. 思い出をいっぱいにして

    なにか楽しいことがあった日、よつばはよく、絵日記を書きます。特別な日…

  2. やさしい差し入れに、心がほっこり

    今週は新しいお仕事を教えてもらっていて朝から終わりまで、上司の方につきっ…

  3. 神様の愛を“証明”するとしたら。

    大変なとき。困難な状況のとき。神様はどうして私をこんな状況に置くのだろう…

  4. 摂理女子の忘年会♪♪

    ずいぶんと久しぶりのブログ更新になってしまいました(,_,=)社会人同志…

  5. なつかしい、メンデルの法則

    娘の伝記の本の中に、「メンデル」が出てきました。エンドウには、背が高いものと…

  6. よつばマンガ「よつばのもうそうストーリー~コピッ…

    こんにちは!!よつばです!!今回は、コピックほしい!というよ…

  7. 最高のものは、いちばん最後にある。

    毎日の 仕事のかえり道。いつも乗るバスに 乗り遅…

  8. よつばの「マカロン・ハッピーストーリー☆」

    こんにちはー!!よつばですーー!!!!今回は・・・学校の授業…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

3人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP