朝の新聞のおたのしみ

毎朝、ひそかに楽しみにしていること。
それは、新聞のすみっこに掲載されている
読者の方の詩を読むこと。

初老の男性が書かれた、深い味わいのある詩。
小さな子が書いた、とってもピュアな詩。
お母さんが書かれた、やさしい眼差しの詩。

その短いことばの中に、その方の生活も、
その方の心も、感じられます。

ある詩が、心に残っています。

「同じ声で」
雨の日に 今日もランドセルを 背負った娘が
元気にかえってくる

長靴を泥だらけにして 服も手も濡れている

昨日と同じ 右手に小さな野花を 一本握って
彼女は言う おみやげだよ、と

濡れた手のまま 私に差し出すのだ
晴れの日と同じ声で

雨が降っていても 変わらず 元気な女の子。
雨が降っていても 変わらず 野花を摘んで、
晴れの日と同じ声で 大好きなお母さんに渡します。

私もこんな風に、神様を愛したいです。

神様が、御言葉でおっしゃいました。
「患難をおそれなくていい。
 生活の中で患難がきても、再び始め、再び挑戦すればいい。
患難は、自分を成長させる機会だ。
患難が、あなたを丈夫にする。」

患難の時に挑戦することが、自分を強くしてくれる。
挑戦する人に、神様が共にしてくれる。

雨が降っても、大変なことがあっても、
そんなの気にせず、私の精一杯の愛を摘んで、
晴れの日と同じ笑顔で、神様に手渡したい。

お天気が変わっても、変わらない笑顔で、
神様を愛していくことができますようにニコ

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辛味大根で☆あったかおでん・レシピ

いいな、筑波大学☆

関連記事

  1. “食塩中毒”―調べて初め…

    仕事柄、食関連のニュースは頻繁にチェックする方なのですが、最近大きく…

  2. イラストクイズ!フリー素材が語る「宗教のイメージ…

    誰でもフリーで使える“ロイヤリティフリー”素材。最近は豊富な種類の画像がネ…

  3. 無償の代償―ココイチビーフカツ転売事件

    ―カレーチェーン店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮…

  4. 子供へのおもてなしの知恵

    今まで子供に接する中で、子供たちにお菓子をあげる機会がたくさんありましたが、…

  5. リケジョのキャリア設計と聖霊様の風~農工大のサイ…

    理系の道に進む女子として、学生時代の最大の悩みは“ 進路 ” に関するこ…

  6. 上手く使おう☆ 「軽減税率制度」

    安部首相の発表を受けて最近もニュースになりましたが、2019年10月…

  7. Times Higher Education社、…

    日本では大学の良し悪しが偏差値で評価されているように感じるけど、世界基準…

  8. 3・11-あの日、みんなが祈りました。

    あの震災から4年がたちました。3月11日。私は、仙台のマンションで娘…

PAGE TOP