永遠に消えないしるし

何かをメモしたいけど手元にすぐ紙がないとき

私は未だに小学生のごとく「手」に書いてしまいます。

 

手に書いた「しるし」を見ながら、しるしについて思いました。

 

しるしを油性マジックで書いても、だいたい2日後には消えています。

 

じゃあ消えないようにと「入れ墨」をしたとしても

肉体が生きている間は残っても、

肉体が死んでしまったら消えてしまいます。

 

会社で「しるし」を残すとしたら。

業績を立てるとか。会社がずっと使う何か有益なものを残すとか。

そのようにしたら、自分がこの会社にいたというしるしを残せるのかなぁと思いました。

でも

一時代そのように残したとしても、数十年、数百年後、、いつかは時代が変わって風化して無くなるものです。

1日の大半を過ごす会社の時間を、このように考えて過ごしたならば人生虚しいものです。

このように、自分がこの世に生きたというしるしを残してもいつかは消える考えるしかないなら、人間の人生って頑張っても限界があるな~と思いました。

 

その限界にぶつかっては悩んでいた時期が私も長くありましたが、

摂理で御言葉を学んでみると、神様はそんな消耗品のように人間を創造なさったわけではありませんでした。

 

まめ柿に良い柿を接ぎ木すれば良い柿の実を結ぶことができるようなる、そのように

人間が、永遠な存在でいらっしゃる神様と繋がって生きるならば

地を免れない人間も、永遠な実を残すことができるようになる。

その時にやっては消耗する、ただ繰り返すように見える日常の仕事も、

神様を考えて感謝して行うならば

神様と共にする時間になるから

その行いは永遠に残る時間になります。

地上でどんな考えをして行なうかに応じて、実を残す時間・人生になるのかどうかが左右されます。

 

「永遠に残る」

先生から御言葉を学ぶ前は、ちっぽけで限界のある人間にそんな人生を生きることができるなんて考えも及びませんでした。

永遠に残る「しるし」のように奇跡の人生に作ることができるということです。

 

後輩に仕事を引き継ぐマニュアルを延々と作りながらそんなことを考えていたら、大変な仕事も自然と嬉しく力が湧く、

そんな体験をした梅雨明けの日でした(^^)

 

<神様の御言葉>を脳の果実に深く入れて、

毎日自分の考えを守りなさい。

<考え>を守ってこそ、

自分の肉と魂と霊を完全に保存するようになる。

<霊の世界>は見えなくても、

「自分の肉の行ない」がつまり「見える、

霊界の実体の状況」であることを知らなければなりません。

―鄭明析牧師の明け方の御言葉より

投稿者プロフィール

アバター
saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康

津軽のスイーツに ひとめぼれ

関連記事

  1. 目標は「実現」するためのもの

    小学校のクラスだよりに、こう書かれていました。「1学期の初めに立てた目標…

  2. 年の始めの母の預言

    sakuはどちらかというと世話好きな性格ですが、sakuの母も非常に世話…

  3. 聖書を読んで。

    38 新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。 (‭ルカによる福音書‬…

  4. 脱カフェイン技術の異端児?「限界」を超えた○○。…

    コーヒーなどによく含まれる「カフェイン」最近はカフェインが健康に及ぼす影…

  5. たった1つが、とってもうれしい

    この町で、ひとりのお友だちができました。私とほぼ同い年の、気さくで笑顔がステ…

  6. いちばん深く みじかい御言葉

    お祈りの時間 いつも目を閉じて考えます。なんのために 祈るんだろうって。…

  7. 神様をよく信じることとは

    神様をよく信じる人って、どういう人のことを言うだろう。聖…

  8. 負けてあげる人が 大きな人です

    忙しくなって しんどくなると人はつい 怒りっぽくなります・・・相手の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. アバター

    本当に、神様に出会えたことに感謝ですね!
    しるしについて、もう一段階深まりました^^

    • アバター
      • saku
      • 2017年 7月 29日

      しるしという単語1つを考えるほど、深みが分かりました(^^)神様のことをもっと伝えていきたい☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP