摂理を反対された時

摂理に来て 7年がたちました。

7年の間に 1度だけ

摂理を 出ようか 

考えたことがあります。

主人に 反対された時です。

御言葉を 聞き始めた時

娘は まだ1歳で

私は 無理して働いていました。

子育ても 家事も 仕事も

無理して がんばって

いつも 疲れた顔をしていました。

そんな私に 主人はいつも

イライラしていました。

お互い 分かり合えず

毎日 毎日 すれ違いでした。

でも 御言葉に出会って 変わりました。

本当にだいじなことが 何か

見えてきました。

仕事をやめて 無理をやめて

自分のための時間を 持つようにしました。

いいお母さんになって 娘の笑顔が見たくて。

いい妻になって 主人の笑顔も見たくて。

あたたかな、しあわせな生活を送りたくて。

1日 1日 試行錯誤でした。

私が 心を変えて 

主人に 明るく接しても

主人の反応は 

すぐには 変わりませんでした。

がんばっても 結果は

すぐには見えませんでした。

でも 御言葉で

「あきらめないこと」を学びました。

そして 少しずつ 少しずつ

変わりました。

主人の おだやかな声が

聞こえるようになりました。

笑い声も 久々に聞こえました。

家の中の 空気が

やわらかくなってきました。

御言葉のおかげだ。 

ほんとに御言葉は必要だ。

主人にも 御言葉のよさを 

分かってほしい。

私が 御言葉を聞いていることを

分かってほしい。

私が 御言葉に感動したことを

主人にちらっと伝えました。

主人の目つきが 変わりました。

頭がおかしくなった。

仕事やめて いったい何をしてるんや。

そんなもん カルト宗教や。 洗脳や。

主人の 怒鳴り声。 

冷蔵庫に にぎりこぶしの跡。

家の空気も

少しずつ 回復してきたものも

ぜんぶ 凍りついて

粉々になったようでした。

私は そこに立っているのが

精一杯でした。

空気が 冷え切ったまま

次の日を むかえました。

静かな場所で これまでの

御言葉ノートを 開きました。

私は なんで

御言葉を 聞いているんだろう。

家族みんなで 幸せに過ごしたくて

御言葉を 聞き始めたのに

主人を あんなに怒らせて

こんなに 苦しい思いして

ほんとに これでいいのか

分からなくなりました。

じっと 御言葉ノートをながめました。

はじめて  御言葉を聞いた時は

適当な裏紙に 適当な字で

走り書きしていました。

しばらくして メモ帳に

書くようになりました。

そして ちゃんと

ノートに 書くようになりました。

本当に 大切なことばだと思ったから。

ずっと 残していきたいと思ったから。

御言葉ノートに  書かれた

1つ1つの ことば。

台所で ひとり泣く私を

温かく なぐさめてくれたのも

主人の指摘も 私を直す言葉だと

教えてくれたのも

娘のがんばり かわいさを

見えるようにしてくれたのも

主人から逃げずに 愛する心を

教えてくれたのも

どれも 御言葉でした。

今 私がこうしているのは

御言葉があったから。

御言葉で たしかによくなってきた。

たしかに しあわせになってきた。

でも ここが終わりじゃない。

まだ 始まったばかりだよ。

まだまだ 学ぶこといっぱいある。

まだまだ 問題も 直したいこともある。

私 もっとよくなりたい。

私 もっとしあわせになりたい。

神様のそばから 離れたくない。

御言葉ノートの前で

熱いものが こみ上げました。

「このまま 摂理にいていいのかな?」

という思いは もうなくなりました。

摂理は カルト宗教でしょうか。

人を 狂わせる

周りも 自分も 不幸にする

カルト宗教でしょうか。

摂理は 人を 正常に戻してくれる。

周りも 自分も 笑顔が戻って来る。

神様の正しさ 神様の愛。 

絶対変わらないもの。

私たちを 本当に 

正しく 導いてくれるもの。

これまでの 私の変化を見たら

摂理1人1人の 変化を見たら

そう認めるしかない。

たとえ 主人に ちゃんと

説明する力が 今はなくても

変わった 自分自身の姿で

主人に伝えたいです。

自分が 変わってこそ

自分が ちゃんとできてこそ

相手にも ちゃんと伝わる。

私から始めよう。 まずは私だ。

そう思って あの日からずっと

御言葉を 学んで

神様を 愛して 生きています。

その後も つらいことはあっても

もう 迷う気持ちは 出てきません。

つらさは 喜びに

つながっていると 知ったから。

たとえ 正しいことでも

「説明の時と方法」をまちがえば

相手に 誤解をまねき

相手を 怒らせてしまう。

主人の気持ちに 寄り添って

主人を いっぱい愛して

神様の方法で 娘といっしょに

主人を 伝道したいです。

主人が 自分から

神様を 好きになってくれる日まで。

これからも きっと

大変なことは 起こるだろうけど

神様が 共にしてくださるから

乗り越えていける。

摂理の中で 神様の中で

ずっと 生きていきたいです。

主人といっしょに いつか家族3人で

神様を おもいきり愛して

生きていきたいです。

希望に向かって いつも笑顔で^^

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

帝王切開での出産前日の入院日

きょうの1分ノート「モヤモヤ撃退法」

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP