家事育児の不公平感を解消できた習慣

お母さんの1日って、子供で始まり子供で終わる感じ。

 

朝起きて子供のご飯を作り、保育園の準備をし、

保育園への送りは旦那にお願いして、急いで自分の支度を済ませて出勤する。

いつも時間ギリギリで、毎朝走ってる気がする。

私はアスリートか何かか?!と思うことがたまにある。

 

仕事が終わるとすぐに子供を迎えに行って(ここでもよく走ってる)

買い物をして帰り、

夕飯作って食べさせて子供をお風呂に入れて、

お外で遊んだであろう砂だらけの服を洗ったり色々やって、

子供を寝かしつけて園の連絡帳を書き終わる頃には、だいたい22時を回っている。

 

こういう毎日が続いて肉体が疲れると、恐ろしいことにメンタルの方もだんだん変質してきます。

 

「何だか自分ばっかり大変。。」

「誰も分かってくれる人がいない。。」

ふっとよぎったその考えがきっかけになって、

今までのちょっとした不平不満が大津波になって押し寄せてきて

家事育児に対する不公平感で考えがいっぱいになってしまったことがありました。

 

旦那が手伝ってくれた時の「○○やっといたよ!」の一言すら

「僕の仕事じゃないけどやっといてあげた」的に(勝手に)聞こえて腹が立つ有様。

いちいち「ありがとう」と言うのも嫌。だって私があたりまえのように家事したところで感謝されるわけでもないもん(-_-)

(性格の悪いブラックsaku)

 

自己中心で感謝を忘れるからこうなることは分かっています。

でもつらいもんはつらいんです。

 

それである時、旦那に打ち明けると共にこんな提案をしました。

 

「私一人で子育てしてるような気分になってつらいから

せめて子供のためのお祈りは一緒にしてほしい。」

 

ということで、

必ず顔を合わせる朝の時間に、子供のために家族のために、夫婦でお祈りをするのが習慣となりました。

 

そうするようになってから、

生活は相変わらずドタバタ走り回っているけれども

一人じゃない安心感、何より神様に委ねている安心感で、

今まで感じてしまっていた重荷や孤独感がだんだんとなくなり

心に居座っていたブラックsakuも徐々に現れなくなりました。

私にとって、子育てで一番つらいことは「孤独」だったのです。

 

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。 11:29わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。 11:30わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。

ーマタイによる福音書 11:28-30

 

体も疲れていたけど、根本的に私に必要だったのは「魂の休み」だったようなので、お祈りが一番効果がありました。

そして、たまに旦那が早く帰ってくるようになったのはありがたい変化です。

何かを感じ取るようになったのでしょうか。w

 

日々忙しいママさん方に、魂の休みがありますように*.+

 

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森生活 ~かわいいお客様とのんびり1日旅~

よつばマンガ「苦手な給食ーブロッコリーサラダ事件!」

関連記事

  1. 道ばたでみつけたよ。

    雨の日、道ばたでかわいい小花を見つけた娘。「雨にぬれて寒そうだったんだ。」1…

  2. ゆるしの達人

    私は ゆるしの達人を知っています。文句ば…

  3. 心を満たしてくれるものは、たった1つ。

    人は さみしくなったり 心が 満たされない時&n…

  4. “ルームシェア”と…

    続きを作るつもりはなかったけど、できてしまったのでww言わないと分か…

  5. ルルとララの「レンジでカップケーキ」☆

    お料理大好きな2人の女の子が登場する「ルルとララ」シリーズ。小学生の女の…

  6. ちいさな花

    花がうつくしい季節になりました。ご近所のおうちは 庭一面に華…

  7. 小学生が描く、マンガの世界。

    マンガをかくのが だいすきなよつば。書いてる時は 私の声も聞こえない…

  8. 子どもがとっても楽しくなる会話

    教会から遠く離れて住んでいる娘と私。普段はなかなか教会の方たちと会うことが…

PAGE TOP