帝王切開の出産当日 ママれぽ 後編


こんにちわ

4人目の出産当日、産後の様子を前編に引き続き書きますね。

13:30に、痛み止めを点滴で入れてもらいました。

これは、次回6時間後しか使えない痛み止めです。

痛みは5段回でどれくらいですか?と看護師さんに聞かれた。

凄く痛いけど、3人目の帝王切開時の苦しみよりは良いので4と答える。

息がしにくいほど、お腹あついし、痛い。

そして、寒い。

体温も35度台になっていました。産後は冷えるのかな。

痛み止めが聞いてきて、痛みが2か3になる。

しかし、痛み凄すぎて、痛みの感覚が残っている。

痛みは軽減するのであって、痛み止めを入れても完全には無くならない。しかし、何とか激しい痛みからは逃れる事ができる。

6時間後にしか使えない痛み止めだけれど、もっと早くに痛みは増してくる。

冷や汗が出て、5段回の4になった。後陣痛が頻繁になってくる。

横になりながら赤ちゃんにも会えて先程授乳をしたからかもしれない。

授乳すると後陣痛がくる。

しかし、後陣痛は良いものだ。

広がった子宮をを収縮させて元に戻している作業なのだ。授乳する事でそれを助けてくれる。

が、痛いのは痛い。

15:30に別の種類の4時間後に使える痛み止めを点滴で、入れてもらう。

右足しか感覚感じなかったのが、左足のポンプも感じるようになってきた。

痛いし、大変だけど、赤ちゃんが産まれたら可愛い

だから、また、産んできた

守りたい

育てないとと力でるのだ。

今回は、何とか痛みに耐える為にと、イヤホンを準備してきて携帯に繋げて、音楽聴いた。

出産前には看護師さんに、音楽聞く余裕は無いと思いますよと言われていたが、機会が何度かあった。

16:30に両足立てて腰を上げて、ナプキンかえてもらう事ができるようになった。

水分も飲んでオッケーになり、水かお茶を飲む。

痛み止めがきいてきて陣痛あり波はあるものの楽に少しなり痛みは2か3くらい。

赤ちゃんは横に寝てるだけだ

泣いたら見てもらえたり

オムツ替えもしてもらえる

17時おならが出る。

おならが出ると食事ができるようになるサインだ。

早くて明日のお昼からお粥のご飯が食べられる。

3分5分毎の後陣痛が来る。

0:50

赤ちゃんの血糖値が低くミルク10ミリあげる。

その後授乳

右15分

左1時間

授乳は、私はできれば完全母乳にしたいので、最初からできる限り吸ってもらう。

1人目から子供も頑張って吸ってくれるので助かっている。

この子4人目のクマナも産まれてすぐから吸う力が強く長く吸ってくれていた。

私は、授乳中に便意を促す陣痛にかわり

お腹が激しく痛い陣痛ではなくなる。後陣痛を強めて子宮の収縮を助ける働きをすると思うんだけど、不思議だ。

そして19時くらいには痛みほとんど無い

3人目の時は次の朝になってもしんどかった

痛み止め何度もした

今回は術後直ぐも歩けそうと思えるほど

体も動く。

と、今日はここまで。

引き続き、産後の入院の様子書きますね^_^

投稿者プロフィール

クママ
クママ
摂理に出会う前は、結婚も、子育ても絶対無理と思ってた。
でも、神様の愛を知って、今なら、家庭を築いていけるかもと一歩一歩進んできた道。

今も、新しい事にドキドキしながらだけど、家族がとても愛おしくて、結婚して良かったなーと毎日思ってます。

帝王切開の出産当日 ママれぽ 前編

ありがとうって、うれしい。

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP