menu

幼稚園の先生の、心にしみた言葉。

この10年間 母として

よつばを 育ててきたけれど

 

この10年間 たくさんの先生に

よつばも 私も 育ててもらいました。

 

子育てのベテランのママたち

病院の先生 看護師さん

育児書という名の先生

保育園 幼稚園 小学校の先生

 

たくさんの先生たちに

助けてもらいました。

 

いつも アドバイスをもらって

私のことを 助けてもらってばかりで

 

先生のことを ゆっくり聞くことは

ほとんどなくて

 

先生の苦労も 先生のキモチも

その時は 考える余裕もなくて

 

ほんとに お世話になりっぱなしでした。

(今も 引き続きお世話になっています 笑)

 

 

そんなシロが ずっと覚えている

「先生の一言」があります。

 

だいすきだった 幼稚園の先生が

退職されるとき

こどもたちと おかあさんたちの前で

こう 話してくれました。

 

「私は みんなが『先生』って言ってくれるから

『先生』でいられたんだよ。

みんなが 私を『先生』にしてくれたんだよ。」

 

先生の目は 涙でいっぱいでした。

はじめて見た 先生の姿でした。

 

 

「先生」は 「自分に教えてくれる人」。

ただで 先生にはなれません。

 

先生になるために まず

自分が学んで 自分ができるようになって

相手に 分かるように教えることも学んで

 

「先生」として 備えてくれる。

 

でも その時点では まだ

「先生」になっていないんですね。

 

自分に 学んでくれる人が いて

「先生」と慕ってくれる人が いて

 

その人を 教えながら

その人に 教えられて

 

そうやって ホントに

「先生」に なっていくんですね。

 

 

「先生」も ひとりでは なれないんですね。

 

 

教えてくれる先生と 学んでいる私たち。

 

私たちが 学んで 大きくなって

先生も 大きくなってく。

 

学ぶ1つ1つに 感謝して

これからも いっしょに

大きくなっていきたいです^^

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

将来は保育士さん!?

「防腐剤フリー化粧品」賞賛のシカケ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP