父と母とコーヒー 

ひさしぶりに 父と母が

遊びに来てくれました。

 

関西から たくさんの手土産と

最小限の着替えを 手にして

 

わらって 手を振って

青森まで 来てくれました。

 

 

父と母は 70歳を過ぎているけど

今も 一緒に 働いています。

 

50年も 働き続けるって

私には 想像できないよ。

 

数日間の 滞在だけど

青森では ゆっくりして

たくさん 楽しんでくれますように。

 

そう お祈りしました。

 

 

週間天気予報では くもりマークが

当日は くも1つない 見事な晴れ日。

 

父と母が 青森に来てくれて

自然も 神様も みんなが

とっても 喜んでいるようでした。

 

 

山の麓にある とびきりのホテルで

すてきな時間を 過ごしました。

 

お食事は 心躍る ビュッフェ。

テンションが めちゃ上がります!

 

でも 父と母は

ビュッフェに たじたじ。

 

2人のために 飲み物ぐらい

持ってきてあげればよかった・・・

 

私のおなかは 大満足だけど

心は シュンとなりました。

 

 

翌朝も 朝食ビュッフェ。

 

「今日こそは!」と思い

「飲み物 なににする?」と

一番に 父と母に 尋ねました。

 

「コーヒー もらおうかな」

父も 母も 同じものをリクエスト。

 

私は まるで 子供のように

コーヒーメーカーに 駆けていき

2人の席に コーヒーを並べました。

 

 

でも ビュッフェから戻ってきた

2人のお皿には 和食の朝ごはん。

 

コーヒーの出番は 早すぎました。

 

 

父と母を 横目で見ながら

 

コーヒーは 冷めていき

早まったことを 後悔し

 

ぬるいコーヒーを 私が飲み

父と母に 新しく淹れ直すこと

シミュレーションしつつ

それもどうかと 思い直し

 

どうしよう・・・と

ずっと うつむいていたら

 

父と母の声が 聞こえました。

「ああ~ このコーヒー おいしいわぁ」

 

 

ぜったい ぬるくなっているのに

もっと おいしいコーヒー 用意できたのに

 

父と母は 本当に 満足そうに

コーヒーを 飲んでくれました。

 

 

「ほんまに? よかったぁ」

思わず 口から もれました。

 

 

私が 小学生の時

帰宅が遅い母の代わりに

晩ごはんを作ったことがあります。

 

不器用な手つきで

料理の本にかじりついて

お肉は固く 味は薄すぎる

何とも言えない料理になったけど

 

母は ただ一言

「おいしいわぁ」と 言ってくれた。

 

忙しそうで 大変そうな

母の姿しか 思い出せないけど

 

あの時 たしかに 母は笑顔でした。

 

 

私は 今も 子供のままです。

 

父と母を 喜ばせたいけど

1つだけ見て 突進して

後で 必ず ボロが出る。

 

 

それでも 父と母は

こんなに 喜んでくれるんですね。

 

 

今度は もっと

心から 喜んでもらえるように

 

よーく見て よーく考えて

私 やってみるね。

 

それでも きっとまた

ボロが出るんだろうな(笑)

 

 

こうやって 何度も トライして

何度も 温かく 包んでもらって

 

人って 大きくなれるのかな。

 

 

お父さん お母さん ありがとう。

 

 

旅を計画してくれた 主人に

家族の中心になってくれた 娘に

 

素晴らしいお天気 景色 食べ物で

私たちを 愛してくれた 神様に

 

心から 感謝します (^-^)

 

子どもの苦手のためにできること

「あなたがいるから」

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP