10年かかった 主人の変化

主人のことで ずっと悩んでいたことがあります。

仕事での人間関係です。

 

今のお仕事をはじめて 10年。

納得いくまで 完璧にやりたい性格の主人。

仕事の1つ1つも 手を抜くことはしません。

 

職場で 部下の方たちに指導する立場にもなりました。

任されたこと とても熱心にがんばる主人は

指導することも ほんとうに熱心でした。

 

部下の方たちも 完璧に仕事ができるように。

だれが見ても恥ずかしくない 立派な仕事ができるように。

 

でも 目標値がとても高くて

部下の方たちは なかなかついていけないようでした。

 

主人の期待どおりには なかなかできなくて

主人は いらだっていました。

 

部下の方の姿が 「主人の前の自分」に重なりました。

主人の姿が 「むすめの前の自分」に重なりました。

 

神様は 御言葉で教えてくれました。

「自分の思い通りに 人を育ててはいけない。

待ってあげて 耐えてあげることもして

その人のいいところを見て 愛で育ててあげなさい。」

 

私は 本当にそのとおり 神様に育ててもらいました。

 

御言葉で 一度でなく 少しずつ教えてくれる。

そして ひとつでもできたら すごく喜んでくれる。

できなくても 待ってくれる。

また 表現を変えて 方法を変えて 私を教えてくれる。

 

いらだつことなく 責めることなく

私の不安も やるせなさも すべて抱きしめて

変わる時まで 教えてくれます。

 

神様の御言葉は ふしぎです。

自分から変わりたいと思う気持ちが 芽生えるから。

 

「押しつけ」でなく 「自分からすること」が

とても大きいんだと 知りました。

 

私も 主人に伝えたいと思いました。

神様の 愛の育て方を。

 

幼い人たちの立場に立って

自分も 幼い時があったことを思って

自分も 待って 耐えてもらったことを思って。

 

私も むすめを愛で育てる挑戦をしながら

主人にも やわらかく伝えてきました。

 

でも 自分のやり方 自分の信念を捨てるのは

主人には とてもむずかしいように見えました。

 

人を愛で育てるには まず愛を知ること。

愛を知るには まず自分が愛されること。

 

そっか まずは主人を いっぱい愛することなんだ。

どんなことも 愛することが ほんとに大切なんだ。

 

そう気づいて むすめといっしょに

主人がいらだつ時も 人間関係がこじれた時も

おうちの中で ただ 主人をあたためました。

 

毎日 主人のために祈りました。

 

あれから 10年。

仕事から帰ってきて 同じ悩みを私に話しました。

私は 同じように 主人に少し話しました。

 

すると主人が こう言いました。

 

「ああ 今やっとわかった。

そうか 人を育てるって そういうことか。

これまでずっと 「仕事の出来」を目的にしてた。

 

でもちがうんや。

仕事が不出来でも 経験させてあげることが大事なんや。

その人が成長できることが いちばん大事なんや。

 

何年もかかって ようやく分かったわ。」

 

主人が 変わった瞬間でした。

 

10年かかって 苦しかったウロコがとれて

主人は なんだかスッキリした顔でした。

 

私も ほんとうにうれしくて

「そうだよ そうだよ~」と言いました。

 

御言葉のこと 神様のこと

まだ何1つ 主人に伝えられていない私だけど

御言葉の中身を 神様の中身を

日常の中で伝えることも 力になるんだ。

 

ちいさな私の ほんとちいさな行ないの上に

おおきな神様が おおきく働いてくれるんだ。

 

神様 感謝します。

これからも 主人をいっしょに愛してください。

 

 

自分が行なっているうちについて来る「自体のこと」もあるけれども、

「神様が愛して御心のあるものをくださろうとして、

その行ないにしたがって状況を変え、導いてくださること」が多い。

このことを信じてこそ、神様がどんどんしてくださる。

 

 

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

「夢」を持って生きられる幸せ

千葉県民の東京ディナーレポ☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP